オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

下鴨神社の矢取り神事を観た②

 
 
 
瀬織津姫命の御前の池で
一年の無病息災を叶える為に池に飛び込み、
矢を奪い合う裸男たち。
 
人形としぶきがはげしく舞うその光景の中に
衝撃の光景を見つけてしまった・・・
(゜Д゜)
 
 
矢に向かって池に飛び込み、
しぶきをあげる勇ましい男たち。
勝負あったか?
しぶきが緩やかになり始めたその時、
写真右側からおもむろに
一人の裸男が池に入ってきた様子が見える。
 
イメージ 1
こんなに後から、
しかも、
ノーマルなスピードで池に入ってくる一人の裸男。
 
 
ほんとうに、
全然焦りとか意気込みが感じられない飄々とした様子で
イメージ 2
もう勝負の決まった中央の集団に混じっていき、
 
 
混じっていったのかな・とおもうや、
イメージ 3
もう帰って行くんかい!
 
 
 
しかも、
ひと勝負終えたみたいな疲労感を背中にたたえて・・・(笑)
イメージ 4
 
何しに来たんだろう?この人
(゜Д゜)
 
 
この人の存在を写真で認めてからというもの、
もうこの人にばかり目を奪われて
ピュアな気持ちで、
今回の矢取り神事の写真を見ることができません(笑)
 
 
なんというか、
今どきの 『はぁ、やる気ありませんが・何か?』
な若者そのものすぎて
その飄々たる有様が面白すぎるのです(笑)
 
 
 
矢取りの他の裸男たちと温度差がありすぎて・・・
(笑)
 
 
 
さて、
 
神事が終わるや否や、
まわりのプロっぽいおじさんたちは
ダッシュでその場から離れて行きました。
 
おはらいの松明を持った神職の方々や
それに続く裸男たちが
神社の門ので繰りに設置されている
茅の輪(ちのわ)をくぐるらしく、
先回りしてそれを正面から撮るのだそうです。
 
おじさんたちの速さに取り残され、
迷子になってポカーンとしてしまいましたが、
警備員さん居場所を聞きながら
なんとか茅の輪の所までたどり着きました。
 
 
のろかったけど、
なんとか間に合ったようで、
 
イメージ 5
 
茅の輪をくぐる松明と神職の方を撮ることができました。
 
イメージ 6
先ほど神事で燃やされていた松明の炎ですね。
 
 
神職の方々が続きます。
イメージ 7
 
 
裸男たちも茅の輪をくぐって出てきました
イメージ 8
 
 
 
そして、
下鴨神社の夜は深まっていく・・・
イメージ 9
 
 
 
いろいろ教えてくれたおじさんたち
ありがとう!
 
 
ちゃんと写真、撮れてたよ,。・:*:・゚☆