オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

作品167. おかえりナターリャ


先日の〈制作過程のつづきです。

切りあがった切り紙を
イメージ 1


開いて、
イメージ 2


開いて、
イメージ 3



できあがり。
イメージ 4



普通おりがみで作りましたので、
このぐらいの小作品です。
(これはクリアファイルに入れてます)
イメージ 5



背景の色は、


青にしようかな~とか、
イメージ 6



水色がいいかな?とか、考えてました。
イメージ 7



作品を開いた瞬間、
『ロシア!』
という感じがしたので、
ロシア女性の名前を考え、
そういえばナタリアさんって美人が多いな(?)と。

トップモデルだったナタリア・セマノヴァ
イメージ 8

今も人気モデルのナタリア・ヴォディアノヴァ
イメージ 9


それで、
ナタリアをもうちょっと田舎風味にナターリャにして
題名に入れたのでした。


関係ないですけど、
私は20年近く、印象に残った夢を書き留めていました。
それを改めて読みなおしてみると、
同じ時代の同じ国なんだろうな、という夢がいくつかあって、
そのうちの一つが帝政時代?と思われるロシア?でした。
イメージ 10
白いパラソルに白いドレス、白い帽子にベール?
と、白でそろえた女性と、
シルクハットに黒い燕尾服のようなジャケットを着て、
ステッキをついて歩いている男性が
腕を組みながら森のような所を散歩しているイメージが見えて、
しかし、
その次には巨大な焼却炉?みたいな物がドーンと見えて、
その横にロシアっぽい軍服を着た兵士がビシッと立っている。

その焼却炉から、
20人(?)も生きたまま焼き殺された。
中にはまだ18歳(?)の青年もいた。

みたいな声のイメージがしてきた。

「なんで焼き殺されたのかなぁ」
と思っていたら、

皇帝の意に添えなかったから。

という言葉のイメージが返ってきた。

何か皇帝の思い違いでもあったのかなと感じた。
同時に、その件の責任者の、深い悔恨のようなものを感じた。


そして、
目を覚まして、思った。
生きたまま焼き殺されたとかが自分の前世だったら怖い
・・・と。
イメージ 11


まぁ、そんな物は確かめようもありませんけれどね。

そういえば、高校時代、
私の着て行っているコートがロシア兵っぽく見えたようで、
しばし、クラスメイトに『ロシア人』
というあだ名をつけられていたことがありました(笑)


全然関係ない話でした~。