オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

作品168.白い環 制作過程④




作品の一部に使うことにした
この切り紙。
イメージ 1


削ったパステルの粉を指につけ、
トントン・トントンと切り紙に着彩していきます。
イメージ 2
本来パステルはこすらないと色が付きにくいのですが、
こすると切り紙がよれたり千切れてしまったりするので、
くりかえしトントンと乗せていくしかありません。

他に良い方法があったらいいんだけど、
この時はこんな感じでした。


フィキサチーフでラメを固定しましたが、
さわると取れてしまいます…
イメージ 3
今回は、額縁も用意されていて、即、作品をとじる予定なので
こういう不安定な貼り方で通しましたが、
他にもっと良い方法があれば…とおもいます。


キラキラ感をUPするために
フラットバックのガラスを貼りました。
イメージ 4
ビーズアクセサリー作りの経験を応用。


切り紙はこんな感じに仕上がりました。
イメージ 5

(作品に貼る際、なるべく目立たないようにするため、
濃い青や黒のラメで
もうちょっと暗く仕上げました。)

※急ごしらえの『エゾシカの切り紙』は
黒いパステルでかなり暗くしました。


さて、

これらの全てを貼って、


このように仕上がりました。
イメージ 6





できたのは、提出日の日の早朝。

眠さよりも辛かったのが、
こっぴどい腰痛・・・

作品が大きく、デスクに乗せられないので
床に置いてこのような姿勢で
着彩したり、ラメをかけたり、切り紙を貼ったりしていましたところ
イメージ 7


猛烈な腰痛で歩くのも辛い状態に。

トイレに行くときも腰をまっすぐに伸ばせず、
ロード・オブ・ザ・リング』のスネグル?のように
怪しい歩行姿勢でトイレに向かっていました(笑)
イメージ 8

制作の途中、腰痛にたまりかね、
『駄目だ、もう耐えられん!横になりたい』
と、ベッドに転がろうとしたら
ベッドの上も既に物置状態
画材や切り紙が乗っかっていて、乗れませんでした(笑)

まぁ、おかげでうたた寝などせずに済みましたが…

イメージ 9
そういえば、ベッドのすぐ横で
フィキサチーフ(定着スプレー)を鬼のようにシューシュー
使っていました。
そのスプレーがきっと布団にかかりまくっていたと思います。

本来ならしっかり換気して行うべきなのですが、
わずかな窓のすきま風でもラメが飛んでいってしまうので
閉めきった部屋で作業してました…

みなさん、
画材はけっこう体に悪いものが多いので、
寝室で制作とか良くないですよ。
(とか、自分がやっていて言う。)

嗚呼、
広いアトリエと大きな机が欲しい!!


それにしても、
ずいぶんラメを塗り重ねたものです。
イメージ 10
最後の仕上げに、
朝方にラメをパラパラ、スプレーをシューシュー、
繰り返し続けていたので、

作品完成後3時間ほど横になったのですが、
閉じたまぶたの裏で延々とラメが舞い続けて
なかなか休むことが出来ませんでした(×_×;)

(左は黒っぽく塗ったシカの切り紙)
イメージ 11

そして、
額縁屋さんに作品をもっていき、
額装してもらい、
やれやれと帰宅後、1時間ほど横になったのですが、
今度はまぶたの裏で、
ラメのケースの、フタの裏に付いたラメが
回転しながら襲いかかってきたりして
これまた眠れない(笑)



この短期間に、
きっと一生分のラメを見たのかもしれません(笑)


とりあえず、
作品が向こうで『既定外』と判断されないことを祈ります・・・


イメージ 12