オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

記事にする必要もない日常ごと。


いつにもまして、
今日の記事はしょうもない日常ごとです。
(;^ω^)


スズメがですね、
夜になったらねぐらに集まってくるのですが、
これが意外な所にねぐらがあったので、
これまた動画にとってUPするという
しょうもないことをしたんですねぇ~~~。↓

『スズメのねぐらは意外な場所にあった。』



それで、
これ↑を動画アップしている時に
動画の広告があって、
それは今年(2015年)のCHANELのコスメの広告なんですが、
そこにジセル・ブンチェンというトップモデルが出ていたのです。

ジゼルは90年代終わりごろから活躍している
モデル界では超有名なモデルです。
イメージ 1
素晴らしいスタイルでしょう?
これは2002年のヴィクトリアズ・シークレットのカタログです。

当時は世界一のおっぱいと称されておられました。
イメージ 2
同じ人間とは思えません・・・

そしてそれから20年近くたち、
ジゼルも母になり、それなりの年齢になったのですが

えぇ~~~、
でも今でもすごくきれいっ

Gisele CHANEL 2015』
こんなお母さんとか、すごいな。


え?
モデルなんだからそんなの当たり前?

イヤイヤ、そうとも限りませぬ。


私は大好きな90年代のモデルのことを
今でもたまに検索したりしますが、


例えばこの、超美しいロシアンビューティー代表、
タチアナ・ソロッコさん。
イメージ 3




数年前にふと名前検索して


えっ
(;゚д゚)


ほ・本当にタチアナさん…??、と…
イメージ 4
なんというか、
普通にロシアンマダムですね・・・。
ロシアではふくよかなほうが裕福だという、
アメリカとは逆の発想がありますので、
そういうことなのかも知れません。
はい。




☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


さて、
ますますしょうもない日常ごとですが、


『うな丼食べたいなぁ~。
でも、うなぎは高くて買えないからなぁ~』
と思っていたとき、
ふとひらめいたのでした。
イメージ 11

うなぎの味なんてどうせ
うなぎのタレの味なんじゃん?
だったら、
安い魚にうなぎのタレ染み込ませたらうなぎになるんじゃん?
と。

そこで、
100円で買ったサバの水煮缶とうなぎのタレを用意。
イメージ 5

缶から出したサバの水煮にたっぷりとうなぎのタレをかけ、
イメージ 6

ラップでしっかり包んで一晩・・・
イメージ 7

結果的に、
翌日忙しくて手をかけていられなかったので、
翌々日、
2日間うなぎのタレに漬け込んだサバを
土鍋で米と共に炊きました。
イメージ 8
これでうなぎ雑炊ができるハズ・・・

さて、いざ味見。
イメージ 9
(右の変なスライムは、アボカドのサラダやで。)


と、


うなぎもどきサバ雑炊を口にしてみたところ・・・・・・・・!!





サバの味とニオイしかしない
中途半端に青魚くさい御飯の味
口いっぱいに広がったのでした・・・



結論。

どんなに念入りに漬け込もうが、
サバの個性はうなぎのタレを凌駕する



イメージ 10
まだまだ料理初心者。
いろいろ失敗してますねん。