オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

船岡山と岡崎別院 紅葉という程ではありませんが


もう引っ越しまで数日なんですけど、
速くもっと本気モードで荷造りしないといけないんですけど、
京都にいるうちにやっておきたいことがあれこれ・・・
正直、
引っ越しなんてしたくないですしね~。


そうそう、
あの源義経の母、美女で誉れ高い常盤御前(ときわごぜん)
平家に敗れたとき子らを連れて隠れていた(一時避難?)という
船岡山に、ふとした事で行けることになりました。
イメージ 1

京都の俯瞰地図を見ると、
街中にぽこんと緑の山があるのが目について、
行ってみたいなぁと思いながらも、
いつでも行けるか~
という気持ちでいつまでも行っていなかったのです。

丘(小さな山?)全体が神社になっているのでした。
イメージ 3
建勲神社(たけいさおじんじゃ・通称けんくんじんじゃ)です。

階段を上っていくと、見晴らしのいい公園がありました。
イメージ 2
向こうに見えているひときわ高い山が比叡山(ひえいざん)です。

京の街のいろいろな所から、この比叡山は見られます。
宅の路地の向こうに、
賀茂川の向こうに、
葵祭行列、御霊祭のその背景に、
時に高い建物の隙間から。

この当たり前の日常がもうなくなるのかと思うと
切なくてなりません(´;ω;`)


ちょっと山をぐるぐるして迷いましたが、
神社が見えてきました。
イメージ 4
上の写真を見て、建物が大きな岩場の上に建っているのが分かるでしょうか?

船岡山に行ってみて気づいたのですが、
この山全体が大きな一つの岩なのかもしれません。
これはちょっと、
高い霊力が期待できる場所ですね。
私は霊感とかないので何も感じませんが(笑)

私の見立てでは、
神社が創建される前、古い古い時代から
この山は聖地とされていた可能性があるのではと。
イメージ 5


そんな山にいったいどんな神様が祀られているのかな?
と、
事前の下調べも無しに来たものですから、
ドキドキとして神社に向かっていったのですが、
イメージ 6

そのご祭神は古事記日本書紀天皇家も関係ない、
めちゃ意外な人でした…

誰だと思いますぅ~?
有名歴史人物なんですけど、ヒントは神社の名前でしょうか。
建勲神社ですからね。勇ましい感じです。
イメージ 7

答えは、
鳴かぬなら ころしてしまえ ホトトギス

織田信長公なのでした!

信長さま、神になる!
イメージ 8

しかし、これまた偶然か。

ちょうど、この2日前ほどに
本屋さんでオカルティーな本を立ち読みしていまして(笑)
歴史とは全然関係ない本だったのに、
ものすごいぶっちぎりで信長さまを数ページにわたって
褒めちぎってありました(笑)

イメージ 9
この頃、世の中に、神様とか精霊と言われる
肉体の無い、次元の高い所の人と話ができる一般の方が
ひじょうに増えているようでして、
主婦の方やサラリーマンの方、中にはバンドのお兄さんまで
神様との会話の内容を出版されているのです。
知ってましたか~?

私はこのシリーズ?が結構好きで、
どんどん出版されるこのオカルティー本をちょいちょい読んでいるのでした。
イメージ 10
その中に、わりと専門性高く神様と会話できる、
それがお仕事・という人の本がありまして、その方の本に
日本の本当に平和な世の中をつくろうとした人物として
信長さまが熱く語られていたのでした。

信長さまといえば、相当に恐ろしげな人物の印象ですが、
それは演技だったと。
弟も殺してたように見せかけただけで、
その後も弟は部下として仕えていたとか、
イメージ 11
信長の考えに賛同した家康が天下人になったからこそ
平和な250年の江戸時代が実現したのだとか。

とにかく、
本当に日本を平和な国にしたくて立ち上がったのだとかで、
本当にそうだったらありがたいなぁと思いました。

信長さまありがとう (*´ω`*)



(高野川を通りかかった時見かけた光景)
イメージ 12

(写真では撮れませんでしたが、
光が漏れている所の周辺に虹色の円がふわ~っとできてたんですよ~)
イメージ 13



☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


違う日にちですが、
岡崎別院の前をふと通ったときに
美しいイチョウの黄色が目に飛び込んできました。
イメージ 14

イチョウが1本あるだけなのですが、
ひじょうに大きく豊かなので、秋の紅葉感が感じられました。
イメージ 15

お天気が良かったので、
空の青にイチョウの葉が映えて美しいです。
イメージ 16

去年、母が入院している時にも通りかかり、
中に入ってみましたが、
その時は奥にも庭園があることを知らず、帰ってしまいました。

今回は庭園も見せてもらうことにしました。


正直、
事前の情報がないと見逃してしまうような
分かりにくい「奥」にある庭でした。
イメージ 17

わりと小規模で、何がすごいとかではないのですが
イメージ 18

観光地の観光シーズンバリバリで
ちょっと周辺の哲学の道南禅寺に行くと
観光客だらけで落ち着けやしないのですが、
ここは知る人も少ないのか、
誰もいない、表通りの車の音も届かない、
街の静かな空間でした。
イメージ 19

大規模な景勝地 < 静かで小規模な所

という方には、
ここを穴場スポットとして教えて差し上げたい・・・(^3^)
静かなデートにはもってこいですよ。


☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


実はこの日、紅葉を見に南禅寺にも行ったのですが
完全フライングでした。

もう、紅葉見に行ったというより、
中国の人たちを見に行ったようなもんでした(笑)


フライングばかりしてろくに紅葉を見られていないのですが、
あえて言うと、
11月上旬に島根に行った時の高速バスから見えた
紅葉した山々が、いちばん『紅葉』感ありました。
イメージ 20

雨だったので暗い写真ですが、
中国地方の方は11月上旬でも紅葉していました。
イメージ 21

10月から11月上旬にかけて
不思議なぐらい晴天が続いていたというのに、
私が島根に行った3日間だけ
狙いすましたようにずっと雨でした・・・

しかも、
私が帰った翌日からまたお天気になったそうな…

そういえば2年前に島根に行った時も
滞在した1週間、ずっと雨でした。


島根に歓迎されてない感が半端ない・・・!!
。・゜・(ノД`)・゜・。


これを考えるとゆううつです…
考えないようにしよう…

はやく荷造りしなきゃ。



(大文字山と鴨川。この美しい京都の風景が好きです。
また京都に帰ってきたいです!)
イメージ 22