オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

4枚目



背景にあたる「4枚目」を
とりあえず作成してみました。

作って、合わせてみないと、
手前の切り紙となじむか分かりませんので、
「とりあえず」になるのでした。


鹿の背景だから、木々が好ましい?

いちおうイメージに近い木々をデッサン
(実際にはデッサンというほどではありませんのです。)
イメージ 1
どうせデッサンしても
実際下描きを始めると
全く別物になるんですいつも。



で、下描きですが

さっそくアホをやらかす…


下描きを写し取るためのトレペに
そのまま下描きしてしまっていた・・・
イメージ 2
しょうがないから、トレペの下描きを直接
折った折り紙に描きうつしました。



下描きをさらになぞって補強。
イメージ 3
私はこの作業が面倒で嫌いです…が、
薄い下描きのまま切りはじめて、
けっきょく細かい線が見えず
大失敗したことがありまして…
( ´~` )



切り紙を切る作業です。
イメージ 4
作品を見て下さった方にはだいたい
切った作業のことを大変だっただろうと
感じていただいているようですが、

切る所が決まったものを切るだけの作業は
手と目が疲労するだけで
何となくやってしまえるものだったりします。
毎度書いているような気がしますが(笑)

感覚を使う下描きの考案が
切る作業の何倍もしんどいです。
(ええ、これも何度も書きました(笑))

イメージ 5

下描き作業を3時間もすれば
日帰りの簡単な山登りぐらい体重が減少します。
下描きの間だけはアホほどパンやおかきを食べても痩せます。
が、
その食欲のまま切り紙を切る作業に入ると、太り、
けっきょく体重が元に戻るのでした(笑)


切り上がりました。
イメージ 6
やっぱりデッサンの木々とは似ても似つかないものに。

なんか、シルエットになると
真っすぐな木の幹は木に見えない気がして
ウネウネさせまして、
こんな具合に。


そして展開…と、


問題が発生。


切り紙が出来上がったのは夜。
何故か蛍光灯の下だと緑の折り紙が上手く写真に写らない!
イメージ 7
色修正しましたが、これが限界です。


鹿や植物の切り紙も乗せてみましたが、
それもまともに写真に写りませんでした。

結論からいうと、
緑の折り紙の色が明るすぎて
手前の切り紙がぼやけてしまうことに気づいたのです。

で、
コピックを噴射して着彩したのですが、

深緑 ⇒ もってなかった
黒 ⇒ カスカスで色が出なかった

で、しょうがなく濃い青で色を足しました

あした昼間、写真を改めて写しますね。
晴れてくれたらいいんだけど…