オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

森の牡鹿



の背景に使った木の切り紙をもう一度使いました。


下描きをトレペに描きうつし、
イメージ 1
それを折った切り紙に描きうつすアナログなやり方。
ちょっと小学生っぽい。


でもうつせた下描きは薄ーい。
イメージ 2



なぞらなしゃーないやん。
イメージ 3
もっとスマートな方法ないかと思うんだけど、
後で下描きは消さなきゃいけないんで
カーボン紙とかでうつすのはやめといてます。



ふぅ~~、ようやく描きうつせました。
イメージ 4



後は集中して切るのみ。
イメージ 5




黙々と切るのみ。
イメージ 6




切り上がりました。
イメージ 7



折った折り紙を開く。
イメージ 8
藤色の折り紙なのです。



こんなんできました。
イメージ 9




切り紙をスキャンしたものはこちら。
イメージ 10
スキャンだと妙に鮮やかな色合いになってしまいました。



前は女鹿。今回は牡鹿です。
イメージ 11
また続きを作ります。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ちょっとオカルティーな話題?
苦手な方は以下、スルーでよろしくです。


今日、二度寝しちゃって
朝の10時ぐらいになっても布団の中に居ました。
すると、
いきなりグラグラグラッと振動が!
ヤバイ!地震だ!

こういう時は決まって地震を抑えるイメージで念じます

1階にいる親は大丈夫だろうか?
ふと目を開くと、
地震がピタッと止まり、何事も無い部屋の景色。

あれ?地震じゃなかったのかな?
再び目を閉じると、
またもグラグラグラッと振動。
ハッとして目を開くと、
また振動は無くなって何事も無い景色。

何かおかしい。
再び目をつぶるとまたもやグラグラグラッ。
これ地震じゃない…!
自分がシーソーになったみたいに
頭と足、交互に上下して揺れてる!

ようし、こうなったらこの振動に身を任せてみよう。
と、揺れに合わせてグ~ラグラ
そうして一緒に揺れているうち、
全身が悪寒でゾゾゾゾゾとなり、ヤバイっ

その時ふとベッドの左にある窓の外を見たら、
どっかの通りの中みたいで、
白人たちが通行していた…。

誰も寝ている私に気づかなかったけれど、
親に手を引かれている小さな女の子だけが私と目が合い、
すごいハッと顔が硬直していた。

気付くと私は両手を窓についていた。
私はすり抜けられる!と思ったので
手を窓に押し付けたら、す~っと窓を通り抜けていった。

家の外に出たら、
私は飛べる!と思ったので、
両手を鳥みたいにパタパタとこいで飛んだ。
向こうからも同じようにパタパタと飛んでくる人が居て、
すれ違いざま、ギョッとした顔で見られた。

そのまま飛んで家の裏に回ったんだけど、
そこから記憶がありません。

意識が戻って目を開くと、
いつもと変わらぬ風景。私の部屋。

そもそも、
窓にはカーテン。部屋は2階。
外は庭や隣家。

キツネにつままれたみたいな不思議な気分でした。


過去、これと似たことが3度ほどありました。
記憶にある限りは。


最初は、すごい地震だ死ぬ~~~!
次は、
身体が何かに乗っ取られる?助けてぇ~~~!
その次は、
よぉ~し、誰かにイタズラしてやろう、
あれ、親も誰も居ないや…(異空間)
そして、今日。


だんだん慣れてきている(笑)

人間ってどうでもいいことにも慣れるんだなぁと
変なところで感心しました。


それは夢?
疲れているとレム睡眠が~うんぬん…

まあ人から見るとそんなもんです。
調子に乗って、戻ってこれませんでした。
死因、突然死。
とかにならないよう気をつけようとおもいます。


以上。
今日のオカルティーでした。