オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

隠岐の旅⑤ 異形の巨人英雄?




ちょいとオカルティー話もくっつけますので、
苦手な方はスルーでよろしくです!

・*:.。. .。.:*・゜゚・*


おろちにどんどん侵食され、
ついに耐えきれなくなった隠岐の長、宇都須山祇
イメージ 1
宇都須山祇のSOSを受け、
流宮加須屋の大海祇大神(おおうみつみおおかみ?)
息子の奈賀の大人様に軍兵を小之凝呂島(隠岐)へ遣わす。

この「大人様」の正しい読み方が分からないのですが、
どうやら「おとな」の意味ではなく、
「大きな人」という意味の大人のようです。

不思議なのが、
これまで至って現実的な隠岐の人物伝であったのに、
この「大人様」に至って、
急にその人物像が異形の様相を示すことです。
イメージ 2
この不思議な大人様の伝承を簡単に紹介したいと思います。


・*:.。. .。.:*・゜゚・*


大人様は父に命じられて、
危機に瀕する小之凝呂島(隠岐)へ助太刀に向かいます。

危機の助太刀のわりには、
その途上で出雲に寄って、大山祇の神の娘を娶っています。

イメージ 24
(隠岐に向かう途上で出雲に寄ったということは、
やはり位置的に宇佐郷(のカスヤ)が流宮加須屋の本拠地なのでしょうか?)


さてさて、
この大人様、何が異形かというと、
そのとんでもないデカさです。

あくまでも真面目に本に書かれている伝承であることを
先に言っておきますが、
大人様はなんと
(出雲から)一足で隠岐の於母の島に渡ってきます(笑)

そんでもって、
右足を重栖に、左足を都万に、
そして大満寺山に腰をかけて、焼火山の火で一服されたという

ウルトラ巨人ぶり(笑)

まあこんな感じになりますわ。
イメージ 3
今まで真面目に語っていた隠岐の伝承は何だったのかと…(笑)

それだけ軍兵が多かったということの例えなのか?
それとも、
超大型巨人なみのデカさだったのか?
イメージ 4
後者だとしたら、
出雲の大山祇の神の娘に心から同情しますわ…。


余談ですが、
巨人伝説は世界中の伝承に登場する興味深い人種です。
で、日本にはないじゃんって思いますが、
日本では「ダイダラボッチ」の伝説がそれにあたるんだそうです。
とりあえず日本にもあってよかった(?)巨人伝説。


さて、
一服してるそのキセル知夫里島でポンと打っただけで
おろち達をびっくりさせて10尺も飛び上がらせたという大人様(笑)
(どんな地響きがおこったんでしょう)
とりあえず
於母の島のおろちは討ち取ったのだそうです。
イメージ 5
しか~し、
おろちは次々に渡ってくるので、
戦いはその後、子孫五代にわたったのでした。

おろちってどんだけいっぱい居たのよ?
イメージ 6

だが時代は巡り、
出雲のおろちの勢力が衰えてきたころ、
六代目の大人様
出雲の大山祇の神の姫を娶り、援助を得て、
於母の島全島を
そしてやがて、
おろちが多く容易でなかった三つ子の島も征服しました。

長い戦いでしたね。


・*:.。. .。.:*・゜゚・*


その後、
出雲に大きな戦いがおこって、
天津神の御子が小之凝呂島を譲り受け、
土地を開拓して農耕をすすめたとのこと。
イメージ 7
〈出雲に大きな戦いがおこって〉
(隠岐を)天津神の御子が譲り受け〉

嫌な予感しかしないこの2行…。

まあ普通に考えて、
出雲天津神(天皇家の始祖)に征服されて、
その所領である隠岐も奪われたということかなと。

そう思うと、
大人様キセルで島を叩いて
おろちが10尺も飛び上がったというのは、
巨大天変地異を意味していたのかもしれません。
イメージ 8
また蒸し返してすみませんが、
私は個人的に弥生時代の終わりに超天変地異がおこり、
それが「倭国大乱」とよばれるものの正体で、
その混乱に乗じて
大陸から渡ってきた「天津神」が
出雲族の長である大国主を倒し、首都を奪った』
とする飛鳥昭雄氏の提唱する説をおおかた支持しています。

(ちなみに、出雲(連合国)の本拠地は現島根ではなく、
奈良であった説が真実ではと思っています。)

イメージ 9
おろちが10尺飛び上がる〈振動〉 超天変地異

出雲に大きな戦い 大国主天津神に倒される

天津神隠岐を譲り受ける 隠岐天津神に征服される

と、
考えられないでもない?

う~ん、じゃ、やっぱり
隠岐の伝承は弥生時代末期のものだった?
(初代神武天皇が大和を平らげたところから古墳時代だとすれば。)
イメージ 10
難しいですね。
私もよくは分かりません。


しかし、
私の中の勘違いを訂正するとすれば、
神武が奈良をとった時点で大和国は天神族(天津神)のものになった
・・・のではなく、
多くの拠点を持つ出雲族(らの連合国)は、
その後、
かなりの年数、各地で抵抗しており、
依然として『弥生時代』は続いていた
という辺りでしょうか。

イメージ 11
本当に天神族が出雲族らを抑えきったと言えるのは、
桓武天皇が都を京都に遷都した時ではないかと、
勝手に位置付けてます。

桓武天皇が来る前、京都の盆地は
秦氏や加茂氏らが抑えていたのかなと思うのですが、
その当時、
愛宕山(京都で一番高い山)から見下ろす風景いっぱいに
出雲族らが住んでいた」
とのこと。
イメージ 12
しかし、桓武天皇が京都に遷都してきて、
平安時代が始まると、
ぱったりと出雲族が京都から姿を消しているのです。

かなりきつい税をかけられ、
(出雲族らは)田畑を維持できなくなり去っていった、
というような記述があったように思います。

猛烈にせつないです
(T△T)


・*:.。. .。.:*・゜゚・*


話は古代に戻りますが、
出雲族や海人族らの連合国(邪馬台国?)たちは、
天神族(天津神)に恭順したように見せかけて、
有力者の娘らを差し出したりしながらも、
国を取り戻す画策をおこなっていたのではないかと…。
イメージ 13
そうふと思ったのは、
第14代 仲哀天皇(ちゅうあい天皇)の妻で、
夫の死後、半島へ「三韓討伐」へ向かった
神功皇后(じんぐうこうごう)。

彼女は明らかに夫がとっくに亡くなってから妊娠して、
その子供が第15代 応神天皇になったのですが、
その父親は「住吉の神」だと
はっきり記している古伝もあるのだそうな。
神功皇后三韓討伐へ出立する前に
住吉神社に宿泊し、そこで宮司と交わったという話です。
それから妊娠した身のまま半島に向かい、
途中、
隠岐の島にも寄っています。

イメージ 14

んでもって、ハッと気づいたのです。
神功皇后の名前は「オキナガタラシヒメ」です。

昔の人の名前には、よく最初の部分に
出身地や所属する一族の拠点の地名が付いてたりしますよね?
(宇治に居る一族のウジノワキイラツコさんの名前の先頭に
「ウジ」と付いていたりするように。)

で、つい気になってしまったのが
オキナガタラシヒメ」の「オキ」の文字です。
彼女が隠岐に居た一族の末裔だという話は
どこにも伝わっては居ません。
が、
もし彼女が隠岐を奪われて復讐心を燃やす一族」
その末裔だとしたら・・・
イメージ 15
隠岐の神々、ね)

●夫(仲哀天皇)は神功皇后が殺した説。
●子供は天皇の子ではなく、住吉の宮司
●まったく天皇の血をひかない子供を天皇に立てた(?)
三韓討伐ではなく、当時の半島南は大和の一部だった説
●その際、隠岐に寄っている

この辺りが
皇后という刺客を送り込んで、
見事、大和を(血統的に)取り戻した旧邪馬台連合のお話

に見えてくる幻想・・・
イメージ 16


・*:.。. .。.:*・゜゚・*


ちょっと変な幻想が頭に広がってきたんで、
オカルティーの刺激で中和したいと思います(笑)

イメージ 17
先日から、ふと、
買いっぱなしでほったらかしていたオカルティー本、
『異星人が教えてくれた日本の近未来』
といういかにもな物を読み始めました。

明治天皇の孫にあたる中丸薫と、
15の頃から超能力者として名をはせた秋山眞人
異星人との接触体験を複数持つ両者の対談本です。

そこに、
異星人に導かれて京都の天橋立に行った中丸氏が、
アマテラスオオミカミの時代の過去性を思い出したという
エピソードが載っていました。

その辺りを少々抜粋したいと思います。

……………………………………………

イメージ 18
おそらくアマテラスは天橋立(京都の丹後)あたりで
古代イスラエルのレビの子として生まれたのでしょう。

当時は日本の島も主なもので130ぐらいあり、
アマテラスがそれをまとめていた。

それは紀元前の頃ですが、超古代文明の頃まではさかのぼりません。
アマテラスは祭祀としてだけでなく、
政治力や外交力で島々をまとめていました。
その末裔が現在の天皇家です。

アマテラスとは皇室の祖先ですから、
いわゆる神ではありません。あくまでも人です。


卑弥呼は船で移動していたので日本各地でその遺物が出てきます。
移動しては、そこに2カ月ほどで拠点をつくっていた。
アマテラスは卑弥呼以前に日本を統治していた女王です。

……………………………………………

イメージ 19
これを読んで、
やはり籠神社(このじんじゃ)のある京都の丹後には
そうとう古い何らかの文明の拠点があったのかなと。
そこを代表するひとがアマテラスで、
細かい島々で成り立っていた当時の日本を
おそらく船に乗って(海人族?)まとめていた・と。
(意外なのが、彼女は古代イスラエルの血筋という話。)

イメージ 20
後の世、卑弥呼が同じように船で
日本各地に拠点を作ったとのこと。
ちなみに、
籠神社の系図の中には卑弥呼と、
その後を継いだトヨと思われる人名も見られる
のだとか…。


に・日本、深い…!!



・*:.。. .。.:*・゜゚・*


さて、もう内容を忘れたかもしれませんが(笑)
隠岐の伝承の話のつづきをしますね。
イメージ 21
天神族が「譲り受けた」後の小之凝呂島(隠岐)ですが、
土地の開拓と農耕がすすみ、海の交通もひらけ、
とりあえず全島は平穏であったと言います。
(天津神の政権に媚びて書いてる?)

で、
あのしつこく島を責め続けていたおろちはというと…
イメージ 22



温和になったんだそうですわ(笑)
イメージ 23

もっと早く温和になれよと(笑)


・*:.。. .。.:*・゜゚・*



あ~ちょっと隠岐の伝承を紹介するつもりが、
長話になっちゃった・と。

次からはちゃんと
隠岐旅行の内容をUPいたします ⇒