オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

隠岐の旅⑨ 京都の加茂神社と隠岐の不思議なつながり




前記事から期間が開いてしまい、すみません。
内容忘れちゃいますよね。私も忘れたので前記事読み直しました(笑)
イメージ 1
(大久の港から見える不思議な形の岩。島なのだそうです。)

隠岐の島、島後の大久のご家族にお世話になり、
そちらの方々が縄文人の雰囲気を残す容姿でらしたので、
あれこれと考えを巡らせた…
というところからの続きです。はい。

・*:.。. .。.:*・゜゚・*

で、この日は
島後の≪加茂那備神社≫という神社に行きたいと考えていました。
しかし、
前日、レンタカーを借りようとしたものの、
予約いっぱいで借りられず。
イメージ 2
隠岐へ個人旅行される皆さん、
ここでは当日・前日では
タクシーやレンタカーが抑えられませんので、
早い段階からの予約を☆


んで、我々はどうしたかと言うと、
休日でおうちに居られた大久のおばあさんのお孫さんに
(無理矢理)車を出して案内してもらったのでした。

これが後に
ラッキーだったと心から思うことになりました。はい。


・*:.。. .。.:*・゜゚・*


目的の加茂那備神社(かもなびじんじゃ)ですが、
島後の方々も知らない、
というか、
加茂(かも)という場所が非常に未開の地だということで(?)
はたして車で行けるかどうか・ぐらいの勢いでした…
イメージ 3
それはそれは・・・。

レンタカーで自分たちでいこうと思っても
難しかったかもしれませんね。


まあしかし、地元の方の案内なら安心よ、ということで、
加茂への道の途中にある飯田神社に寄ってもらうことにしました。
(急に気が大きくなる。)
イメージ 4

この飯田神社(いいだじんじゃ)になぜ行きたかったかというと、
京都の、おそらく下鴨神社にいらしたのであろう巫女さんに
ゆかりのある神社が合祀されているからです。

京都の下鴨神社は近年、全国でも有名になりましたので
ご存じの方も多いのではないでしょうか。
イメージ 5
この下鴨神社には昔、高貴な身分の姫(ほとんどは天皇の親族)
巫女としてお仕えするという慣習がありました。

件の飯田神社に関連する巫女さんも、
奈良時代称徳天皇の妹君だということなので、
相当な身分のお方です。
イメージ 6
隠岐の伝承」には出身の神社を雷神社と記されていました。
この場合、
上賀茂神社下鴨神社どちらなのかあいまいなのですが、
私の記憶が正しければ
高貴な身分の巫女がお仕えする慣習があるのは
下鴨神社の方だったと思います。

なのでたぶん、下鴨神社に居られた方なのだろう・と。

で、どうしてそんな身分の高い巫女さんが
隠岐の島におられたのかというと、
あの、称徳天皇(女性)の寵愛をうけて
皇位にまでつきそうになった超有名なお坊さん、道鏡(どうきょう)
イメージ 7
何やら「意見が合わない」とかなんとかで、
隠岐に流されてしまったのだそうです。

もしかして姉君に忠告しようとして、
それに感づいた道鏡隠岐流しにされたのか…と妄想。

このエピソードは「隠岐の伝承」を読んで
初めて知りました。

道鏡は、天皇の妹でさえも島流しに出来る
権威をふるっていたということでしょうか。


巫女さんは、隠岐の飯田の里に
かつてお仕えしていた雷神社の分霊を祀り、
井上姓を名乗って住まわれました。
すると、あら不思議
イメージ 8
この時から飯田の入江には
イカの大群が押し寄せるようになったというではありませんかっ

のちに、この神様を大正時代に
入り江から離れた飯田神社に合祀したのだそうですが、
この時からイカが獲れなくなってしまったといいます。
イメージ 9
(さいなら~)

で、
「神様を移してしまったからだ」という村人の声もあり、
再び元の地へお祀りしたところ、
また大量のイカが押し寄せたというから
不思議・不思議☆

残念ながら、この入江は埋め立てられ、
イカが寄り付かなくなったので、
昭和44年、再び飯田神社に合祀されたとのことです。
イメージ 10
埋め立てかよぉ~~~⤵


・*:.。. .。.:*・゜゚・*


話は戻ります。
その飯田神社へも寄れるなんてラッキーであります。
イメージ 11
こんもりとした山の入り口に鳥居が見えてきました。


けっこう急な階段が…フウフウ…
イメージ 12
やっと上ったぞ!

と、

その階段の先にもまた階段がありました~.。.:*☆
イメージ 13
という、神社あるある。


飯田神社が見えてきました。
イメージ 14



なんとも素朴な神社であります。
イメージ 15


京都から遠く、隠岐の地へ。
心ならずも移動させられた悲しみや寂しさ、望郷の念は
いかばかりであったか。
イメージ 17

気持ち、わかりすぎる。
私も京都へ帰りたいわぁ~~~~
(T△T)
下鴨神社のこともよく想い出して辛いです⤵

この巫女さんは生涯、この地に居られたようですが、
とりあえず生きていれば
私には京都在住に戻るチャンスがあるかも知れません。
とりあえず、生きる。


さて、
飯田神社で手を合わせることが出来、満足気分で
石階段を降りようとした時…‼!
イメージ 16
右足の指が
ズッキーーーーーーーン‼!

急に猛烈な痛みが襲ってきて、
何が起こったのかすぐには分かりませんでした。
というか、
あまりの痛さで目がかすんで、
自分の足に何が起こっているのか見えなかったのです。
イメージ 18
しばらくしたら自分の足が見えてきました。

すると、痛む指のその上に乗って
黄色いハチが刺しているではないですか!

あわてて手でバシバシ払うも、
払っても払ってもなかなか離れません
(;⊙д⊙)
やっとハチが離れて行った時には
もうみんな神社から去って
私は独りぼっち。

助けを求めようにも誰も居ないので
しょうがなく痛い痛いと思いながら石階段を降りて行きました。
もうヒザから下が鉛のように重くてヒーヒーでした。

イメージ 19
後から知ったのですが、そのハチは
キイロスズメバチという狂暴な奴で、
巣から10m以内に近づいただけで襲われるという。

私は足に皮膚病があるので
蒸れるのを気にしてサンダルを履いていきましたが、
やはりこういう自然のある田舎を旅する時は
スニーカーを履かないといけなかったようです。
(肌も出さないほうが良いでしょう。)
イメージ 20
皆さまも神社などへ行かれる際はご注意ください。


・*:.。. .。.:*・゜゚・*


さて、
お次はいよいよ目的の加茂那備神社へ。

こちらの神社もその名前から察せられるとおり、
加茂族にゆかりがあるのです。
イメージ 21
京都の下鴨、上賀茂の上下加茂神社
またまたゆかりのある神社がこの隠岐にあるというわけです。

京都・上賀茂神社の御祭神である別雷神(わけいかづちのかみ)
京都では(というか一般に)
私は火雷神(ほのいかづちのかみ)の息子であると言って
唐突に天に上ってゆかれ、
話はそこで終わっています(お母さんの夢には出てきますが)
イメージ 22
(上賀茂神社の楼門)


「若くして地上から去られた?のね。お母さん可哀想。」



と思っていましたが、

どっこい生きてたシャツ隠岐の中。

イメージ 23
なんと、別雷神は
隠岐で元気に生きてらっしゃったんですよぉ~~~ぅ
加茂族の皆さんご存知でしたか?!


なぜか京都の加茂神社と
いろいろえにしありげな隠岐なのです。


ということで、
別雷神が暮らし、そして祀られた
加茂の加茂那備神社を目指して行きます




……………………………………………


もはや恒例(?)
季節の変わり目体調不良で
隠岐シリーズの更新がはかどらなくなってしまってまして…
一日に何回も寝ておじゃります(ニートで良かった)
すみません。

もう隠岐の旅の内容を忘れつつあるわ
イメージ 24
なんという鳥頭。