オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

中秋の名月



今日は中秋の名月だということで、
カメラを持って出かけました。


今日の松江はかなり雲たってまして、
イメージ 1
おどろんどろろんと不気味な暗雲が垂れ込めていました。
しかし、
これはこれで雰囲気があって面白いかも知れません。



雲ひとつない空のクリアーな月も素敵ですが、
イメージ 2
雲のすじが横切るミステリアスな月、
こういうのもなかなか好みです。

赤くデカい月とか、あれ良いですね。
魔物的でなんか好きです。


次々と横切る黒い雲、白い雲。
イメージ 3



雲からのぞく月が、時折、雑草をぼんやり照らす。
イメージ 4



雲は、薄いのと、濃いのと、
イメージ 5
すごく濃いのがあるんだなぁ。

こういう月をじっくり眺める機会が無ければ
気にもとめなかったことです。


夜の木々の向こうに。
イメージ 6
カメラが自動的に闇に反応して
明るく写してしまうので、
ちょっと夜っぽくない写真が撮れたりもします。


民家の灯りよりも
イメージ 7
強く大きく光る中秋の名月


紅葉した枝葉のすき間から。
イメージ 8



せっかく名月を鑑賞していたのに、
こんな夜にもケムトレイルが邪魔をしてイライラ。

しかし、
世の中なにが作用するか分からんものです。
イメージ 9
ケムトレイルの飛行機雲が月を横切ったせいで、
偶然月の光がハート型に撮れていました。

お月さん、
親が頑張って出雲大社に縁結び祈願してきたにもかかわらず
まったく縁の動かぬ、この稀有な縁なし娘に
ご縁をよろしくお願いいたします(笑)



おぼろな月が闇夜の電柱を照らす。
イメージ 10



ローマへの道は一日にしてならず。
イメージ 11
何で日本の田舎風景をみて
こんな言葉が思い浮かぶんでしょう
(-ω-)?


あ、もうすぐ日付が変わります。

窓を開けて見上げると、
まだどよんどよんした中秋の名月がいてました。


「あの人もこの月を見てるかしら…」


そういうのがちっともなくて残念です。
おわし。