オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

赤穴八幡宮③出雲地方に応神天皇の謎



『赤穴八幡宮②』のつづきです。

『②』では赤穴(あかな)八幡宮に伝わる
丹塗箭(にぬりや)神話の紹介でしたので、
正しくは『①』の内容のつづきになります。
イメージ 1



大木に囲まれた静かな空間に
赤穴八幡宮の社殿が建っています。
イメージ 2
神社の由緒書きには
「元松尾神社と称し」と書かれていました。

松尾神社って、京都の松尾大社のことかな?
松尾大社は京都で一番古い神社だそうなので、
その神社の「元」の神社となると、
そう~~~とう古いですね。

社殿が建てられたのは770年とのことなので、
奈良時代の後半ぐらいです。
(勧請されたのは1648年。この社殿は新しいものかな。)
イメージ 3
京都・松尾大社の神様は大山咋神(おおやまくいのかみ)なので
「元松尾神社なら御祭神も同じかと言うと、
そうでもな~~~~い。

『②』に紹介しましたストーリーのとおり、
玉依日女とその息子が御祭神です。
(神功皇后とその夫、息子も。)

難しいですね。私も混乱しています。



この日はなんと偶然、結婚式がここで行われるということで
イメージ 4
地元の方々が準備を始めました。
正面のガラス戸が開いていたので中がしっかり見えました。


さて、御本殿にかけられた社殿名ですが、
「正八幡宮う~んこれまた混乱。
イメージ 5
神社の由来には
「この地に京都の石清水八幡宮の荘園がひらかれ、
御分霊を勧請した」
とあるので、
えぇ~と、石清水八幡宮から神様の魂を分けてもらったのね?
と受け取りましたが、
いやいや、だったら
「正八幡宮という、こここそ元祖というこの字面は何?
イメージ 6
八幡宮の「八幡」とは応神天皇のこと。
つまり神功皇后の息子です。
たしかに神功皇后隠岐へも行ったりと、
山陰の土地と何やらつながりありげですが…
イメージ 7
一応、応神天皇は福岡で生まれたとされています。
が、それは後世の創作とされています。

では、もしかして・・・
応神天皇の出身地はここだったり…?
というのは考えすぎでしょうか。

(余談ですが、先ほど応神天皇の出身地を調べていたら
福岡県糟屋(かすや)とありました。
糟屋!
イメージ 8
隠岐旅行シリーズで隠岐の歴史をたどりましたが、
古代、隠岐の人たちがピンチの時に助けを求めた
リュウグウカスヤとは、もしや福岡(糟屋)に居た竜宮竜族
と想像。
ちなみに丹塗箭神話の玉依日女も竜宮竜族の子孫とされています。)


そんなミステリアスで深い赤穴八幡宮ですが、
イメージ 9
社殿にはどーーーん!
エグザイル起用のポスターかよ…。



・*:.。. .。.:*・゜゚・* .。.:*☆


なんか自分も今、
文章を書きつつ島根・京都・福岡・宮崎と入り乱れる
神様の伝説に頭が混乱してきました。




イメージ 10
島根に引っ越してきたころ、
まずは地元の神社をいろいろとめぐりました。

島根は出雲地方なので当然、
大国主さんはじめとする出雲系の神様を祀る神社がほとんどです。
そこには納得しつつ、
なぜか、
出雲系の神様応神天皇が抱き合わせになっていることを
不思議に感じていました。
だって応神天皇天神族側の人間ですやん。
何で急に応神だけ出雲の神と抱き合わせになるの?って。



え~と一応復習します。


出雲系の神々
海人族や日向の神々と共に共同運営。
イメージ 11
天皇家の始祖である天神族が当時首都だったと思われる奈良を
制圧するよりまえから、
日本に居た人々だと思われます。
(邪馬台国連合やな)

出雲代表の神、大国主が国を譲ったことで
つつがなく日本は天神族のものとなった…ことになっていますが
事実は奈良の首都に居た大国主
天神族に殺され、国を奪われたのでしょう。

イメージ 12
天神族には間もなく大国主の呪いが発動したので、
奈良の敷地内に祀っていた大国主の御霊を
あわてて京都の亀岡に移動させた。
これが〈元出雲神社〉と私は解釈。

イメージ 13
それでも呪いがおさまらず、
さらに大国主の御霊を出雲地方に移動させた。
それが今の出雲大社だと私は認識。
(島根の人はそんなこと無いってなぜか怒るんですが(笑))

その呪いに慌てふためいて巫女に神託を下させ、
その結果、前の政権側の人間に祀らせろと神託が出る。
それが、
第10代天皇崇神(本当は初代天皇?)が、
神託にしたがって前の政権側の人間・大田田根子
大国主を祀らせた、というエピソードなのかと。

で、『②』でも話しましたとおり、
大田田根子の子孫が加茂族という説があるのでした。
(玉依日女の面々も加茂族の始祖です)


さて、

その崇神から5代目にあたる第14代天皇・仲哀の妻が
神功皇后です。
イメージ 14
神功皇后は亡き夫、仲哀の息子を生み、
それが応神天皇となります。

しかし、
本当の応神の父は日吉の神だとの説もあります。
いずれにせよ、応神が仲哀の実子である可能性は
ひっくいみたいです。
その子を妊娠したまま神功皇后朝鮮半島南を制圧しに行ったのが
三韓討伐と呼ばれているやつですね。
イメージ 15
その際に神功皇后隠岐の島に立ち寄っているので、
隠岐の伝説には神功皇后にまつわるものがいろいろあります。

ちなみに、
神功皇后の本当の名前はオキナガタラシヒメであります。

隠岐旅行の記事でも書きましたが、
当時の人物は名前の前に出身地をつけて呼ばれることが多いので、
神功皇后の本名の先頭に「オキ」がついていることに
もしかして隠岐の出身?
などと妄想を巡らせました。
イメージ 16

仮説ですが、
神功皇后(隠岐を含む)出雲地方出身の出雲族の娘で、
首都奈良(大和)に嫁いだ姫なら…


出雲族・海人族・日向の神ら複合体の
邪馬台国連合が、首都の邪馬台国天神族に奪われ、
首領だった大国主が殺される。

しかし大国主の呪いが発動。
やむなく天神族は前の政権の者に祀らせ、神事をまかせる。

それすなわち、
政治 ⇒ 天神族。 神事 ⇒ 邪馬台国連合の生き残り
という両輪運営。

天神族の王は皇后を邪馬台国連合側の血筋から迎える。
第14代天皇仲哀も、出雲族神功皇后を娶る。

神功皇后仲哀天皇を殺害し、
(おそらく邪馬台国連合側の)日吉の神との間に子をもうけ、
純粋な邪馬台国連合側の子供・応神
第15代天皇に据え、
見事、天神族に奪われた政権を血統で取り戻す。

だから応神出雲族ゆかりの子。
出雲地方(島根・鳥取)の神社には
出雲の神々と共に応神天皇が祀られる。


とか?!


イメージ 17
そんなふうに私の頭の中では
パズルのピースがシャキーーンとはまり、
あ、そうか、
それで出雲の神々を祀る島根の神社には
一見、ひとり不自然に入り込む天神族応神天皇
一緒に祀られているんだなと。



イメージ 18
今回行きました赤穴八幡宮も、
神功皇后応神天皇が祀られていました。

そして、


御本殿に掲げられるこの名称は…?
イメージ 19


日本古代史・謎、深い。




もういくら考えても古代史はエンドレスなので、
美しい摂社や境内、
赤穴八幡宮最大の見どころ、
美し木大木たちの写真をちゃちゃーっと
載せてしまおうと思います。


昨日、今日とフィギュアが
とんでもない時間に放送されているので、
眠くて馬鹿になっています。


赤穴八幡宮④につづく ⇒