オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

宮島へ② シカ可愛い



『宮島へ①』のつづきです。

イメージ 1
たんに宮島上陸から参道の様子を
写真でツァ~ッと撮っただけですので、
ツァ~ッと見てもらえたら幸いです。




船が宮島に近づきます。あの厳島神社の鳥居です。
ん?鳥居のふもとに人がいる?
イメージ 2




え…鳥居の下でカヌーみたいなのに乗ってる人たちが居る…
イメージ 3
でも鳥居のデカさを分かってもらうには良いかも。
高さ約16m、総重量60トン。デカい。



左に見える白い鳥居が、実際参拝客がくぐれる鳥居です。
イメージ 4
右の鳥居が海の中に立てられている理由はと言うと、
もともと宮島全体が〈ご神体〉なので、島そのものが聖域だからです。

鳥居とは俗界と神域の境界を意味するもので、
神域の入り口でもあります。

宮島は島全体が神域なので、
結果、海に鳥居を作ることのなったのでありました。

古代、参拝客は小舟に乗って海上の鳥居をくぐり、
参拝したようです。
平安時代にはすでに、海上に鳥居があったそうです。



現代人の私は船着き場にて宮島に上陸いたします。
イメージ 5




いやぁ~祝日だから観光客は多いとは思ってましたが、
これほど小さな島に多くの人が上陸しているとは…
イメージ 6



厳島神社の社殿を立派にした平清盛さんです。
イメージ 7
清盛高野山に行った時に、老僧が現れて
厳島神社を信仰すれば一門が繁栄する予言を得た」と話しました。
んで、素直な清盛さんは厳島神社を立派にしたのでした。



おお…さすがは宮島、神の島。
イメージ 8



あ、シカが居た!
イメージ 9



子供たちがさわっても逃げません。なついてる。
イメージ 10



バンビ可愛い.。.:*☆  向けられたカメラをのぞき込んでいます。
イメージ 11



祝日なだけあって、家族連れがとても多かったです。
幸せな家族の様子を雑踏に乗じて横から盗み撮り、
イメージ 12
幸せ気分を味わう吸血鬼行為を繰り返しました
すみません…。



ラヴラヴのシカ可愛い。
若干オスの方が毛並みが粗い気がしました。
イメージ 13



軽やかに石垣に飛び乗るシカ。さすがです。
イメージ 14



参道には出店が並んでおり、そこにシカが待機しているのです。
出店で食べ物を買った人についてまわり、おねだり行為(笑)
イメージ 15
宮島のシカはまだ、奈良のシカよりはおとなしかったです。
奈良ではシカせんべい買ってるさなかに
おもいっきり角でお尻を突かれます(笑)



観光客がひしめいていようがどこ吹く風。
イメージ 16



青春の一コマ。いいですね。
イメージ 17



ぉおっ新郎新婦がやって来ました。いいですね。
イメージ 20



宮島×青空×青い海×幸せ =  爽やかな喜び
イメージ 18
このごろ結婚式や花嫁さんによく遭遇しますが
今そういうシーズンなのでしょうか。めでたいですね。



おっ、海上の鳥居が見えてきました。
いよいよ厳島神社へ…
イメージ 19





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


今回の写真の中にも
けっこうオーブ(光の玉)が写ってたの分かりましたか?
すっごいでっかい虹色のもありますよ
(^ω^)
さすがは宮島。