オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

クマの切り紙☆制作過程



こちらのブログを見に来てくださった方、
コメントを下さる方、ナイスをくださる方、
ありがとうございます。
今年もニートは生存中です。
イメージ 1

先の記事で切り紙の構想から下描きまでをUPしまして、
それから切り紙を切りました。

出かけている日や、はかどらなかった日もあり、
先の記事からもう4日経ってました…
今年ものろいなぁ~。


2019年のラッキーカラー、を使おうということで
3つの折り紙に切り紙の下描きをしました。
イメージ 2


まずは白い折り紙の「木」から。
イメージ 3
こういう下描きのものです。


このごろガーランドだとか
大きなフォルムの切り紙ばかりしていたので、
イメージ 4
久々のデザインカッター、使えるかどうかハラハラしました。
切っている途中、何だかカッターの引っ掛かりが多くて、
あぁ、腕が鈍ってしまったんだなと
ちょっぴり悲しくなってしまいました(自業自得)


木の枝の丸を切り落としてしまわないか不安になってましたが、
なんとか無事、切ることができました。
イメージ 5
そうそう、今年の風水ラッキーモチーフが
「枝もの」だそうなので。






お次に金の切り紙で
イメージ 6
ラッキーモチーフのクマを切り紙しました。

自分のプランよりもクマが小さくなってしまい、
クマの鼻筋の部分を切れるのか
内心ハラハラしていますた。
イメージ 7
ちょっと鼻筋の形がおブスになっちゃったけど、
今回は紙を5枚重ねにしているので、
修正しようと無理すると鼻が切れ落ちちゃいそうなので
触りすぎないようにしました。

無理すれば良いってもんじゃないことを知ったこの頃の私は、
もしかして子供を卒業できたのかもしれない…
(まだ子供だったのかよと)


金の折り紙は爪の先がふれただけで筋がついてしまったりと
なかなかにデリケートなので、開く時もいつもより慎重です。
イメージ 8
金の折り紙は写真を撮りにくいのも難点です。
キラキラしてると華やかではあるんですけどね~。




次は赤いリンゴの切り紙です。
イメージ 9
先の2つの切り紙よりも線が細く細かいので、
鈍った手が勘を取り戻してくれることを期待して
最後にまわしたのでした。

だけど
なまった手はすぐに勘を取り戻せなかったのか、
カッターの刃先が滑っていらない所を切ってしまったりと、
なんか切りにくいのです。
イメージ 10
そして、途中でふと思いました。
もしかしてカッターの刃が悪いんじゃ…?(責任転嫁?)

引っ越してくる前に京都で買っておいたカッターの刃。
ところが、山陰の湿気の壮絶さは想像以上でした。
5枚ずつビニールパウチに小分けされているので安心していましたが、
それでもカッターの刃がいくつも錆びてしまいました。
(京都じゃ10年以上ほって置いても錆びなかったもので…)

もったいないと思って
錆びた刃も使っていましたが…う~ん…

そんで
錆びてない袋の物を新たに開けて、
カッターの刃を交換してみました。



結果

イメージ 11

めちゃ切りやすくてビックリしましたわ(笑)

腕がなまってるとか以前に
錆びたカッターの刃問題だったのでした。
しかし、気づいた時にはほとんど切り終えた後…

今年も例年通り、アホなのでした。


結論。
「錆びたカッターの刃は細かい作業には使わない方が良い。」
あたりまえ?


とりあえず、何とか切り落とし箇所なく切れました。
イメージ 12
「リンゴ」「実もの」も今年のラッキーモチーフです。
まあたぶん、
ラッキーカラーが赤だから、リンゴがラッキーモチーフなんでしょうね。
つまり、
きっとおサルのお尻もラッキーモチーフなんですよ、要は。



んで



問題はここからなのです。


このガラス瓶に入れたくて
切り紙を作ったのですが、
イメージ 13
問題はどうやってきれいに3枚重ねで、
そのうえ安定的に紙物を入れて飾れるか…
ということです。

瓶は本体より口のところが狭いつくりなので
真っ直ぐに切り紙を入れるとすると
中に入った時ゴソゴソになってしまう…。

立体を考える頭がないのに
なんて計画を立ててしまったんだ!
と、
ただいま狼狽中。


ちょっといろいろ思考錯誤してみます…


△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△△


先日、
松江駅近辺の図書館へ本を返しに行きました。

その道中、

川に普通に白鳥がいました…
イメージ 14
県庁所在地の、一番メインの駅のすぐ近くですよ…

初めて松江駅から降りたった時、
駅からすぐの川の中州に
広大な田んぼがあったのを見た時も目を疑いましたが、
白鳥まで飛来するとは…


もっと近くで写真を撮ろうと、
そぉ~っと川べりをつたって近づいていきました。

田舎の鳥はものすごく敏感です。
「私がそんな川の向こうまで入って襲い掛かるわけないだろう」
と思うぐらいめちゃくちゃ遠くても、
いちいち鳥は逃げていきます。
イメージ 15
そもそも歩行者が少ないので
人間なれしていないのです。
いちいち人間の存在にビビるのです。

というわけで、

白鳥に逃げられない程度に近づいて
写真を撮ろうとこころみました。


ところが


なんか白鳥のほうからすぃ~~っと近づいてきた?
イメージ 16



私の真ん前まで来て、こちらを向いてじっとしています。
イメージ 17
こ・これは・・・‼
エサのおねだり…!!


私は島根に越してきて、
エサをおねだりする野生動物を初めて見ました。

カモがいようともタヌキがいようともヌートリアがいようとも
野生動物に無関心な島根県民が、
しかし、やはり白鳥様には
エサをやりたくなるのですね…!

かなり餌付けされる様子の白鳥でした。

つぶらな瞳とボサボサ頭で
もの欲しげな顔をする白鳥に私も気持ちがグラグラしましたが、
申し訳ないけれど何も食べ物を持っていなかったので、
「ごめんよ~何も持ってないんだよぉ~」
といいながら、こそっとその場を去りました。

イメージ 18
しかし白鳥って、
遠目でしか見たことが無かったから知らなかったけれど、
近くで見ると白いのはボディーだけで、
首と頭はかなり土建屋のオヤジ風に汚れてますね(笑)

美しいものは遠くから愛でるのが
一番夢のある行為なのだなと、
美人のぐうたらに驚いたおっさんみたいに
思ってしまったのでした。

うん。でも白鳥、
軽くおブスで予想外なところが
逆に可愛さUPで魅力的ですよ。

今度通るときはパンを持って行きます。