オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

戦後復興のすごさが分かる画像② 広島

のつづきです。


以前あげた写真ストックの残りだけで
広島、長崎の原爆、引き揚げ、復興を今回構成しようと思っていました。
ちょうど図書館に本の返却があったので
そこで新たな戦争関連の本を発見。
イメージ 1
また画像が増えてしまいました

広島の原爆被害の写真だけで1記事できそうです。


……………………………………………


【閲覧注意】
火傷、ケロイド、ご遺体などの画像が多数あります。
苦手な方はご注意ください。
(でも本当にあったことなんだよね…)


1945年8月6日。
オレンジ色の煙がたちのぼって約1時間で
広島市の大半が炎上した。
イメージ 32

 


「あまりにも残酷で、初めの1枚のシャッターを切るまでに30分は躊躇し、
この辺りをウロウロした」という写真家の言葉。8月6日。
イメージ 2


爆心地から870m。
イメージ 3


広島市紙屋町交差点で被爆した路面電車
イメージ 4


爆心地から400m。
右の建物は安田銀行、左は大林組(現・山口銀行)。
イメージ 5
 


広島商工会議所屋上から護国神社本殿方面を望む。
 
イメージ 33
 


爆心地から800m。正面左の建物は中国新聞社新館。
手前の鉄骨は小田政商事倉庫。
イメージ 6


爆心地から1.5㎞の広島赤十字病院1号館。
イメージ 7


爆心地から700~800m。西練兵場付近の死体。
イメージ 8


爆心地から500m。西練兵場付近の死体。
イメージ 9


 



医師を求めてさまよう人。

イメージ 10



被爆前の広島本通りの様子。
イメージ 11


被爆後の広島本通りの様子。
イメージ 12

 


1945年8月末ごろ、広島市
イメージ 13
 
 
 
爆心地から2㎞。広島市段原東浦町。10月中旬。
イメージ 14
 
 
 
河畔にテント張りの小屋を建て、火傷者や負傷者を収容した。
現在の広島市基町1番地あたり。8月9日。
イメージ 15
 
 
 
広島市下村時計店。
イメージ 34
 
 
 
 
熱線の被爆者。8月7日。
イメージ 16
 
 
 
熱線によって着物の模様の黒い部分が光を吸収し、肌に焼き付いた。
イメージ 17
 
 
 
1945年9月ごろ。道路上には救護隊や罹災者の消息を尋ねる人たちが見える。
イメージ 18
 
 
 
臨時救護所になった似島検閲所は臨時救護所になった。熱傷の婦人。8月7日。
イメージ 19
 
 
 
熱線で全身焼けただれた人々がはこばれてきた。8月7日。
イメージ 20
 
 
 
相生橋。手前右の残骸は櫓下変電所。9月上旬。
イメージ 21
 
 
 
 
 
熱線と爆風から生きのびた人々に、
追って苦しみがやって来た。
 
 
 
爆心地近くで受傷した26歳の男性。
脱毛、下痢、発熱、火傷。
「あまりにも痛々しく写すのが申し訳なく思った。」1945年10月上旬。
イメージ 22
 
 
 
日本赤十字社広島病院の外来患者治療室で。
イメージ 23
 
 
 
教室を改造した治療室に母親が駆け込んできた。
医師が診察したとき、この子はこと切れていた。1945年10月11日。
イメージ 24
 
 
 
原爆症の婦人。外傷は全く無く元気だったが、
被爆後1カ月ごろから不調を訴え9月中頃入院。10月に入り重体。
撮影した3日後に死亡。1945年10月11日。
イメージ 26
 
 
 
 
 
原子爆弾の被害地は70年にわたって不毛の地になるだろうと
外電が流れた。だが、爆心地近くの瓦礫の間から草花が息吹きはじめた。
爆心地より800mに咲いたカンナ。1945年9月下旬。
イメージ 25
 



……………………………………………


去年、宮島に行ったときに広島市を通りました。

これだけ途方もくれるような焼け野原になり、
遺体や患者の人たちにあふれて
未来が見えないかつての状態からは考えられないぐらい
堂々とした明るい都会の街でした。

世界もこの日本の復興に驚くはずです。
イメージ 27
広島だけでなく、
日本中の都市や工業地帯が焼け、
日本中が焼け野原になっていたことを考えると、
どの地域も、他府県からの援助や救助は
あまり無かったのではと思われます。
男手も出兵していて足りなかっただろうし、
物も、その日をしのぐ食糧すら
日本中が不足していたものと思われます。
 
私たちの曽祖父母や祖父母、
父や母が成し遂げてきた非常にパワフルな復興。
その遺伝子を継ぐわたしたち。
イメージ 31
小さなことにめげていられないなと思いました。
 

『戦後復興のすごさが分かる画像③』につづく

 

……………………………………………


以下、ややオカルティー記事です
嫌いな方はスルーして下さい。


ブログにあげる画像をチェックし、
本を写真撮りしていたその日、
さすがに画像の惨状に気分が滅入ってきました。

とても疲れて、
本を閉じてソファにもたれ、ウトウトとしていました。

ちょっと寝入りそうになったその時、
「はい。ありがとう」
という女性?の声が左から聞こえてきました。

タイミングから考えて、もしかして、
生前、原爆投下の最中にそこに居た方でしょうか?
イメージ 28

人の死や生活の破滅的被害を個人的なブログで扱うことに
ちょっと躊躇の気持ちというか、
これっていいのかな…
という罪悪感のようなものもあったので、
もし、
このことを取り上げることに故人の方が
前向きな気持ちを持っておられたのならありがたいし、
意味のある行動なのかなと…

まあ、勝手に思ってみました。
はい。


イメージ 29
ところで、
先日、立読みをしていて発見したことがありました。
(図書館と立ち読みに頼る貧乏活動)

宇宙の生命体とコミュニケーションが取れるようになったという
アメリカの方が書いておられた本だと思うのですが、
寝入る瞬間、あるいは
朝、起きる前にまどろんでいる時に聞こえてくる声のことを
「ドリーム・ボイス」というのだとかで、
故人や地球外生命体など
次元の違う存在からの意思をキャッチする初歩的なものだとかで、

おお~、これは世界中の人が
共通で体験していることだったんだなと、
当たり前のことなのに、なんか嬉しくなりました(笑)
イメージ 30

……………………………………………

広島のことだけ取り上げるのもなんですので、
次は長崎の原爆投下のことも
取り上げようと思います。