オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

備蓄のお願い。

 
阪神淡路大震災から今日でちょうど20年
ということで、
 
Yahoo のホームページもこのようになっていましたね。
イメージ 1
 
 
スクロールすると
当時のいろいろな写真が背景になる仕組みになっていました。
イメージ 2
 
 
私も震災時、京都に居たので地震の揺れを感じました。
 
「う~む、地震だなぁ」
と、
いつもの地震と変わりないものだと思い、
ちょうど起きる時間だったので起床し、
バタバタと支度して家を出ました。
(親は忘れられないぐらいすごい地震だったと今も言っていますが・・・。)
 
私が出かける時間まで家族は誰もおきてこないので、
TVをつけることもありませんでした。
 
そして、
な~んもいつもと変わりなく過ごしていた時、
ふと人が観ているTV画面が目に飛び込んできました。
 
それが、上の2枚目の写真、
まさにその光景でした。
 
確かその1年ぐらい前に、アメリカに大きな地震があったので、
私はその当時のアメリカの災害についてのTV番組だとおもい、
特に気にしていませんでした。
 
それが、
帰宅して改めてTVを観ると、
あの倒壊した街の風景は、兵庫県だったというじゃないですか
Σ(゚д゚|||)
あの朝の地震で、
兵庫県がそんなことになっていたなんて・・・
 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
 
それまでは正直、
地震に対してそれほど危機感は無かったのですが、
阪神淡路大震災の衝撃を受けて、
しばらくは非常袋なども用意していたものです。
 
5年、10年とたって
非常食の賞味期限もすっかり切れた頃になると
その危機感もすっかり薄らいでしまいました
(´д`;)
 
 
イメージ 4
あぁ、でも、
日本ではあまり放送されている覚えがありませんが、
去年の世界中で起こった噴火件数が異常な多さなのです。
 
どうも、地球のマグマの活動
ものすごく活発になっているようなのです。
 
(このところ深海魚が頻繁に現れるのも、
マグマの活動で深海が温められた事が原因という見方も。)
イメージ 3
マグマの活動が活発になる。
これ、
噴火と地震の確率が格段に増えるということです。
 
説明するまでも無く、
日本は世界でも有数の、
国土に占める山の割合が多い国です。
しかも、
ほとんどが休火山です。(死火山ではないのです。)
 
つまりそれ、日本のどこにでも、
その可能性があるということです・・・
 
 
 
¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨
 
 
阪神淡路大震災の時に、被災者の方が大変困ったのは
どこにも飲み水がないということでした。
 
水道は電気制御で運転されているものだそうで、
地震が起こり、電気がストップしてしまうと
どこからも水が出なくなるのです。
 
水は命の維持に欠かせません。
 
どうかみなさん、
場所をとって大変だとは思いますが、
家族が数日間飲めるだけの水を備蓄して置いてください。
イメージ 5
(うちはまだ9つしか備蓄できていませんでした。
家族がめちゃめちゃ非協力的です(笑))
 
 
私が、収入もないというのに
ちびちびと家族のために備蓄を足していっているというのに、
親などはすぐに
「死ぬ時は死ぬ!そんなんしても無駄や!」
と言いますが、
親が想像しているように
 
震災・災害 = ドラマのようにあっさり死ぬる
 
ということばかりじゃないんじゃないかと、
私は思うのですが・・・。
 
 
 
 
今日は自分が備蓄用にちょっとずつ買いためた物を
並べてみて確認してみました。
イメージ 6
う~ん、思っていたよりも少ない・・・
黒いビスケットやミックスナッツもあったのに、
行方不明になっています・・・。
 
 
賞味期限の長さを優先すると、
どうしても缶詰に偏ってしまいますね。
(´д`;)
 
 
賞味期限という観点では最強の、
氷砂糖も買っておいてます。
(氷砂糖は賞味期限ないようです。)
イメージ 7
ビンに入っているのは、花梨を氷砂糖に漬けて作ったシロップです。
これも長年の保存が可能です。
(花梨はスーパーのフルーツコーナーに、
秋に並んでいることがあります。けっこう安価です。)
 
 
 
震災・災害が起きて一番困難なのは、
都会だと思われます。
(住宅地も要注意。)
 
何しろ都会は人の人数も多いので、
何かが起こって、救助しようにも
全ての人に救助が行き届くのには
かなり日にちがかかるものと思われます。
 
飲食物が絶対的に不足することが目に見えています。
 
イメージ 8
東日本大震災の際、東京も揺れて電車も止まりましたが、
当時、東京へ仕事で行っていた友人は
帰宅困難者があふれた直後、
コンビニにものすごい人の列ができて、
あっという間に商品が無くなっていたと言います。
 
その時、
飲食物を求めた人は、その日の帰宅困難者だけでしたが、
もし、都会在住の人が数日間、
飲食に困ることがおきた時、
どうなるでしょう?
 
都会に災害があった場合、
スーパーなど、あらゆる店の飲食物が8時間で無くなる
と言われていますが、
都会の規模によってはもっと早いのではと思われます。
 
 
店に物が補充されず、
被災者の多さに救助や被災食がなかなか届かず、
その状態が1週間、2週間と続いたら??
 
 
 
嫌なことを想像させるのは心苦しいですが、
あなたの家族が苦しむようなことにならないよう、
備えられる最小限度のものは
備えておいてほしいのです。
イメージ 9
できれば家族が自力でしばらくはしのげる
飲食物を各家庭で備蓄することをオススメします!
 
アメリカの人は(経済崩壊の不安もあって)
半年分ぐらい備蓄している人も居られるそうですが、
ここは狭いニッポン。
しかも都会や住宅地は・・・。
でもせめて、●日分ぐらいは・・・。
 
 
 
あ、それから、
ペットを飼っておられる方は、
ペットフードの備蓄も合わせてよろしくお願いいたします!
イメージ 10
 
 
自分の所に何かが無くても、
隣の県などに被害があったとき、
まとめてある食料をすぐに救援で持って行けるかも知れないし・・・
 
もちろん、何事も無く
備蓄品の賞味期限が切れて
な~んだ、何にも無かったや!
と、
文句を言いながらそれらを食べられたら
良いなと思います。
(^o^)