オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメント欄は記事などの一番下にあります。

島根から

雪を見て買い物に行く気がしなくなってきた…

さっき部屋の窓から雪が吹雪いてるのを見て、俄然お買い物に行く気がうせてきました… ということで、今現在、部屋着のままで部屋に待機中。 ついでに、 去年の動画ですが、近隣のものはグングン立派に育っているというのに、うちのだけいつまでも小さくみす…

出雲旅行⑤ 日御碕の海岸と神社

『出雲旅行』の記事もダラダラと⑤まで来てしまいました。 出雲大社から島根ワイナリーに、そしてバスは日御碕へと向かいました。 バスの中から日御碕の海の写真を撮るという不毛なことをしておりましたので、少々写真にお付き合いください(笑) ……………………………………

出雲旅行④ 出雲大社オカルティー補足

今回はオカルティーな内容です。苦手な方は「④」を読み飛ばして「⑤」へどうぞ。 …………………………………………… 出雲旅行記事で出雲大社の記事を書いていましたが↓ ふと思い出しました。 「そういえば、木内鶴彦氏の本に出雲大社やスサノオのことが書いてなかったっけ?…

出雲旅行③ 素鵞社から神楽殿、島根ワイナリーまで

『出雲旅行②』のつづきです。 前回の記事では出雲大社の御本殿をお参りするところまで書きました。 で、 ご本殿の周りをぐるりとまわるために、本殿右(東の方)へ。 そこには出雲大社末社の十九社が。10月は全国神無月であれど、ここ出雲だけは神様が各神社か…

出雲旅行② 出雲大社にて思いにふける。

「出雲旅行① 出雲大社まで」↓ の続きです。 参道を下りきり、いよいよ四の鳥居「銅鳥居」と、その奥に出雲大社の拝殿が見えてきました。 銅製の鳥居としては日本最古のものだそうです。江戸時代中頃のものだとのこと。ここにも島根が空襲にあわなかった幸運…

出雲旅行① 出雲大社まで

松江市から出雲市へ(島根から島根)という小規模日帰り旅行です。 この日は出雲大社、島根ワイナリー、日御碕へ行きましたが、自分の中では日御碕に重点を置いていたので、日御碕以外はつぁ~~~っと簡単に写真を並べていく感じにしますね。 で、 私個人の趣…

まんげつ

まんげつ。 今日まんげつ? 昨日だったかな? うちの壊れかけデジカメではこれがいっぱいいっぱいです。

藤田真央さんのリサイタルを観に行って③ 世界のトップに必要なもの…

前記事「②」では、藤田真央さんのパワフルな音に驚いたことと、ピアノの世界でもやはり審査になるとパワー(音量)のある方が有利であるのだな…という話までしました↓ 私は生で聴く藤田さんの音のパワーに圧倒されつつ、「そうか、これが世界で戦うトップクラス…

藤田真央さんのリサイタルを観に行って② 新世代の天才というもの

前記事の↓ のつづきです。 季節の変わり目病でくたばっていたり、畑の収穫物などに気を取られているうちに、演奏を聴いたあの日から時間が経ってきちゃったので、記憶が薄れる前に早く感想を書こうと思います(汗) ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー ま…

藤田真央さんのリサイタルを観に行って① コンサートホールという非日常

先週の話になりますが、若手有望株のピアニスト、藤田真央さんのリサイタルへ行ってきました。 藤田さんの演奏をYoutubeの動画で観て「この人はすごい人だなー、素晴らしい天才が日本に現れたなー」と思っていたのですが、なんと、こんな地方で演奏を聴くこ…

落雷を撮るの巻

さっきは雷ビシバシでした。 私は河原へ雷ウォッチしに行きました。 けっこう落雷してました。 私が河原にいる間に3回ぐらい近くに落ちましたね。視界一面が水色になって、ズゴゴゴゴーーーーンという地響きがするんですよ。 で、 私はしょぼい折り畳み傘を…

コロナに飽き飽き。オカルティー界では「怖いのはニュースの方でしょ」

今年、お盆の親戚の集まりはありませんでした。 なんと、お坊さんが件のコロナが理由で、「檀家の家々へ拝みに行けない」ということでした。では、拝みに来られないと言うならお金は包まなくていいのかなと思いきや、「お金は各自、寺まで持ってきてください」…

田舎ニートの夏 笹に擬態

7月8月とあまり田舎日記を書いていませんでしたが、今夏もいろいろありましたので、ちょいちょい追ってブログに記していこうかと思います。ただしどれも小さいことばっかりですけど… ・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。・゜。・。・゜・☆。 先月…

【ショボ動画】松江の花火、ちょっとだけ見られました。

今年はコロナの影響で松江水郷花火が中止になったそうです。 が、 事前予告なくちょっぴりだけ花火が打ち上げられたのでした。 昨日のことでした。 すごく暑かったので昨日は晩にお買い物に出ていて、私はたまたまその花火を見ることが出来、持っていたスマ…

田舎ニート、今月も小規模に生きてます。

いきなりクイズ。 Q.さて、この画像に何羽のカラスが居るでしょう? 答えは・・・ ↓ ↓ ↓ ↓ あ、カラスがたくさんとまってる! と思ってスマホでパシャリ。しかしよく見ると… カラス一羽しかおらんやん・・・ そう。たくさん居るように見えたカラスっぽいもの…

玉造の桜 自粛しない方向でみんなの命を守る

営業の仕事をしている兄弟が、東がコロナ騒ぎで営業が無くなったということで今、西に来て仕事をしています。で、春休みの娘もつれてこちらにやって来ました。 で、 親戚が車を出して、松江では桜の名所の(?)玉造(たまつくり)に連れて行ってくれました。 桜…

花見。田舎は桜を独占できます

山陰の残念な天気と、私の安スマホの残念クオリティ写真で、人がいなくて嬉しいのか残念なのかわからない、田舎のその辺の桜の状況をリポートします。 3月21日。桜のつぼみがピンクに色づき始める。 東京や近畿の知り合いの話を聞くと、どうも松江の開花状…

ニート、何となく瀕死。

ニートです。田舎です。素敵ライフの真逆です。さて、今月もしょうもない日記をしたためます。 実は去年からずっと冷蔵庫が瀕死だったんです。冷蔵庫あけても部屋の温度と変わらないこともしばしば…(たまに効いてる)。中に保存してある食品もすぐにカビるし…

田舎ニート、一月の小さな日々。

車のない田舎のニート生活とか、限りなく伸びしろのない生活ですが、小さなことに感じながら生きてます… 今年に入り、ようやく隣のやぶに棲みついていたスズメバチの巣を壊すことができました。 「11月の末には居なくなるから」と近所のおじさんに教えられ、そ…

出雲族、最後の決戦の地 田和山遺跡②

kirigami.hatenablog.jp の続きです。 出雲族の神殿があったと考えられる田和山遺跡の頂上で手を合わせ、 強い風にアタックされて拒否されたところで(笑)、 さて、 登ってきた側とは逆の方面に丘を降りてみることにしました。 こっちが先ほど登ってきた側。 …

出雲族、最後の決戦の地 田和山遺跡①

谷戸貞彦氏著の 『サルタ彦大神と竜 古代の子宝信仰』を読んで 田和山(たわやま)遺跡が、 出雲族の最後の決戦の地であることを知り、 機会があれば行って、そして手を合わせてきたいなと思っていました。 叔父さんに1月に1回のお買い物に連れて行ってもらう…

取り立てて何てわけでもない、日々。

ただでさえジクジクしている山陰の、梅雨。 湿気が苦手だ・と、 私にしては大枚をはたいて除湿器を買ったあの頃 in 京都。 湿度70で体調不良になっていたあの頃が懐かしい。 今日は湿度95を超えていたので 「湿度95を超えてるで!」と感嘆したら、 「…

天然石って不思議だなあって。

オカルティー注意 オカルティーが苦手な人はスルーでおねがいします。 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆ 先日、いとこのお姉さんこだわりの、 須佐の天然石屋さんに連れて行ってもらいました。 去年の11月に行ったお店と同じお店です。 (前記事) 私にとっては、また石屋…

田舎ニート もちろん今月も地味です~。

柄の折り紙で傘のガーランドをがっつり作りました これらを見てふと、 ガーランドって洗濯物みたいだなと思ったので 洗濯物を干してるふう切り紙ガーランドを作ってみました Tシャツ、ズボン、スカート。 風になびいてる感じです。 我ながらアホっぽい切り…

志多備神社の御神木②ちょっとオカルティー

『志多備神社の御神木を見に行く!』のつづきです。 いよいよ 日本一のスダジイ(シイの木の一種)との対面です。 志多備神社の本殿を右へ入っていった奥に、 その御神木はありました。 全貌が見えてきたそのスダジイは、 ヤマタノオロチであるかのように、幹…

志多備神社の御神木を見に行く!

『巨樹・巨木』の本に 志多備神社のスダジイ(シイの木の一種)を見つけ、 見に行きたいと願っていました。 が、車がないと見に行くのが難しい場所です。 親戚のおじさんにたのんでもスルーされて数カ月。 先日17日にようやく いとこのお姉さんに連れて行っ…

田舎ニート、スマホのカメラを練習する。

久々にしょうもないニートの日常を綴ってみたいと思います。 謙遜じゃなく、しょうもないんで、 ご覧のみなさんには時間の無駄をお約束します✨⭐️ まずは、発芽したラディッシュの芽を撮ってみる。 いただき物の種を親と私とで分けて、それぞれ植えましたが、…

ホーランエンヤ2019☆馬潟船☆10年に一度の祭り

『ホーランエンヤ2019☆大井船と矢田船』に続き、 今回の写真と動画は馬潟(まかた)船です。 タイトルには「10年に一度」としていますが、 正しくは10年から12年に一度なので、 次に見られるのは12年後かも? 選手で舞を披露する剣櫂(けんがい)、 大海崎、福富…

10年に一度の祭り☆ホーランエンヤ2019☆大井船と矢田船

『10年に一度の祭り☆ホーランエンヤ2019☆大海崎と福富』 の続きで、 今回は大井船と矢田船です。 ほぼ写真と動画なので、気軽につぁ~っと見ていただければと思います。 (ただし残念なデジカメ画質✨⭐️) 三番手にやって来た船は大井船。 お祭り(神事)の呼び名…

10年に一度の祭り☆ホーランエンヤ2019☆大海崎と福富

18日、 10年~12年に一度の船神事、ホーランエンヤを観てきました。 日本三大船神事のひとつだそうです。 ホーランエンヤとは、船をこぐ際の掛け声で、 正しい名称は『松江城山稲荷神社式年神幸祭』です・長い。 松江城内の稲荷神社から御霊を 船で阿太加夜…