オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメント欄は記事などの一番下にあります。

オカルティー的・地震を起こさない方法のおまけ。地震が起こっちゃったときは

地震を起こさない方法』シリーズのおまけをちょっと追加します。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

●いざ、地震が起きた時にどうするか

 

 多くの予言を的中させてきた日本屈指の予言者・松原照子氏は、

『グラリと揺れがきたら、すぐさま心を立て直し、「大丈夫。私は今、生きている」と強く思うことが重要』だと説いておられます。それが命を守るための原動力になるのだと。

f:id:syandery:20210223221600j:plain

 それから赤線は引いていませんが、「あなたは地球に何をお返ししていますか?」と問うておられます。松原氏のこの言葉は何度か見かけた覚えがあります。

 

松原氏のムー誌連載「大世見(だいよけん)」の2019年5月号の記事にはこのように書かれていました。

f:id:syandery:20210304203508j:plain

「私たちの気のエネルギーで大難を小難にする」ことができると。そして自然界に感謝の気持ちを持って「ありがとうございます」を伝える大切さを説いておられました。

何かの記事でも確か、

一日に1度でいいから、地球に向かって『ありがとう』と感謝を伝えてほしいという話をされていました。地球に生きているのではなく、生かされているのだ、と。

f:id:syandery:20191013212005j:plain

 

 こちらはムー誌2019年1月の記事から。

地震を抑えることはできなくても、「大きく揺れないで下さい」と願うことはできると話しておられます。

f:id:syandery:20210304203517j:plain

そしてやはり最後は神様だのみ。いざというときに守護してもらうためにも「生きている」ということをしっかり自覚してほしい・と。

 冒頭の記事にも「私は今、生きている」と強く思うことが重要だと説かれていましたが、自分の生を自覚する・ということが意外にもパワーをもたらすみたいですね。

 

以上。松原照子氏の記事の抜粋でした。参考までに。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

●私の過去記事から

 

『本当の地震の仕組みとは?』では、Chiran氏の【東京直下型地震3年以内震度9】に書かれていた、Chiran氏が宇宙の人に聞いたという地震の本当のメカニズムについて記事にしました。

 

 ”本当の地震の仕組み”をザックリ説明しますと、

プレートの下にプレートがもぐり込んでいく、その反発でプレートが跳ね上がるのが地震の起こるメカニズムだと現代では考えられているが、本当は、地下に流れ込んでできた地底湖がマグマによって熱せられ、熱せられた地底湖の温度が限界値に達するとその上の大地がドドンと揺れるのだ・という話でした。

f:id:syandery:20210304200525j:plain

 

 そこで私が思いついたオリジナルの地震抑え法ですが、

上記の”地震のメカニズム”が本当なら、地震が起きている時というのは今まさに自分の下の地底湖やマグマが熱々のブクブクになっているということじゃぁないですか。

これは、

上からググッと押さえて大地のグラグラを鎮めるしかないじゃぁないですか。

で、

『人の念は思っている以上に力がある』ことを信じ、自分の真下の地底に向かってすごい念の力で「おちつけ~~~~!!」っと押さえこむイメージをおくるんですよ。

f:id:syandery:20210304200517j:plain

 揺れの続く間ずっと。

そして私は、この行為がマジで効いていると自分で信じています(笑)

鳥取震度7地震が起こったその時、この「うおぉおおおお~~~!!」という抑え込みの念をおくっていました。結果、私の居た松江もすごく揺れたはずなのに、鳥取と、松江をはさんで西側の島根の中部には被害が出たのに、松江には被害が出ませんでした(°ㅂ°) キリッ

信じるかどうかは・・・

f:id:syandery:20191109005228j:plain

 私はこの地震抑えこみの念』は大勢でするほど力を発揮すると、これまた信じています(笑)

 

みなさん、

地震が起こってしまってはもう、机の下にひそんで怯えることしかできることがありません。ならば、ダメモトでも、足をふんじばって地底に向かい「うおぉおおおお~~~!!おちつけ~~~~~!!」と、熱々でブクブクのエネルギーを抑えこむ念をおくってみて下さい。

現実はわずかでも変わるかもしれませんよ?

 (100人ぐらいで抑え込む念をおくったらかなり効果が有りそう!)

 

あ、地球への日々の感謝も忘れずにね✨⭐️

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

f:id:syandery:20210304200535j:plain

オカルティー的・地震を起こさない方法③ 私たちの意識が起こしてる

オカルティー注意!苦手な方はスルーしてね。

f:id:syandery:20191109005241j:plain

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

『オカルティー的・地震を起こさない方法②』のつづきです。

f:id:syandery:20210223221538j:plain

『②』では、予測不可能なはずの地震の予知を、さも起こる未来であるかのように報道し続け、潜在意識『巨大地震が起こる』という意識と恐怖心を強化しているメディアのことについて書きました。

f:id:syandery:20210223221542j:plain

テレビ報道を見ているだけでグングン潜在意識をネガティブでいっぱいにされるという。

 

このことについては、

『ATLASラジオ 弘法大師の霊界メッセージ』でも話されていました。山口敏太郎氏のYoutube放送に、弘法大師の霊体とチャネリングできるちかみつさんという方が電話出演されて、弘法大師のメッセージを伝えるという回でした。

 動画の9分辺りから、日本が滅びるという予言をしている人がいるが、それは本当かと山口氏がちかみつさんに質問しています。それに対する弘法大師の答えは「基本的に禍などは起きない」とのことでした。

しかし

山口氏の「地震が起こったらどうしよう、テロが起こったらどうしようという恐怖心が潜在意識を動かしてそれが何万人、何十万人と広がったらホンマに起きてしまう・ということですか」

という質問に対しては

f:id:syandery:20210303220602j:plain(日ごろは普通のお仕事をされているので顔出しされてません)

ちかみつさん「そうですね、例えば出来るだけ詳しい日時を想定したり、集団にイメージさせたりすると、その行為がテロや天災の引き金となるので具体的なテロや天災のイメージに伴う、不安感や恐怖感の集合想念が大きな引き金になる、と言ってますね」

と、無い災害でも集合想念によっては引き金になることを指摘。

さらに

ちかみつさん「でたらめな日時でも全員が意識すれば引き金になって、天災やテロがまさにその日時に向かって新しく創造されるので、これは予言や予知ではなく創造行為なのだと弘法大師は言ってます」

心配している多く人の意識の力で創造しているだけなのだ、ということに気付いて下さいと」

 f:id:syandery:20210225212414j:plain(多くの人の”心配”が心配するような宇宙を創造する)

 

ちなみに、

山口敏太郎氏はDave Fromm Channel』にも出演され、https://youtu.be/whUQlPLRZts?t=1040

f:id:syandery:20210303220606j:plain

17:21辺りからこのようなことを話されていました。

山口氏 「この世界はバーチャル世界というのは間違いないと僕は思ってるんですね。バーチャル世界だから、イマジネーションとか潜在意識でいくらでも変えることができるんで。
やっぱりTVとかで不安になるような特集ばかりやってるじゃないですか。それが「不安の成層」をつくってる。もうちょいポジティヴにチェンジしようよというふうに変えていくと、僕らのタイムラインは「破滅」からだいぶいい方向に、ずれ始めてるんじゃないかなという気がしますね」

 ちなみに、

山口氏は地震が起こる(起こされる)かも知れないという情報をキャッチする度に、知り合いの能力者らに呼び掛けて”それが起こること”を回避する超能力アベンジャーズというのを結成し、活動されているそうです。

f:id:syandery:20210303220610j:plain

19:20辺りから
DJデイヴ氏「普通の人はメディアとか特にTVを見て洗脳を受けてるわけじゃないですか。冬になると「風邪をひきますよ、風邪に気を付けましょう」春になると「あなたは花粉症になりますよ、花粉症に気を付けましょう」って、もうみんなまんまとそれに騙されてというか、洗脳されてみんな風邪ひいてく、インフルエンザになる、花粉症になるみたいな。
もうとにかくメディアを見ているとまずは恐怖で煽るみたいな。それは未だに続いてますよね」

 メディアが恐怖を煽って良くない世界線に導いていってることは、オカルティー界ではわりと基礎知識だったりします。入門編として覚えておいていただければと思います。

f:id:syandery:20200221215747j:plain

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 あと

宇宙の人とチャネリングされている方のブログなどでも、宇宙の人が人間の集団意識によって人工的に起こされている台風などについて話されていました。

こちらは著作権の問題がありますので、だいたいどのような感じの話だったのかの説明を簡単にいたします。

 

小さい渦の台風が近づいてきていたとして、

f:id:syandery:20210303210345j:plain

 

それを強大な台風が来る・被害が多く出るなどとニュースで不安を煽る。なぜか?というと、その小さな台風に大きなエネルギーを流すためなのだという。

f:id:syandery:20210303210430j:plain

 

人々の不安や怖れのエネルギーが造成されていき・・・

f:id:syandery:20210303210444j:plain

 

その人々のエネルギーが注がれることで、小さな渦だった台風は力を得て

f:id:syandery:20210303210405j:plain

 

巨大台風へと発達してしまう。

f:id:syandery:20210303210416j:plain

そういう人工的な巨大台風の作りだしが出来るのだそうです。

そういえば、台風の天気図なんて、実際にそんな台風なくても手を加えればいくらでもできるといえばできますね。しかも、真実それがどうなのかを一般の人が確認することはできない。私たちはメディアの発信するものを信じるしかないわけで…

 

f:id:syandery:20200320233551j:plain

そういえば、エササニ星のバシャールさんが【人工地震について質問された時、

「彼らには大災害を起こすほどの力はありません。ただ、そこに人々の(否定的な)念を集めて利用することで災害の力を大きくします」

という話をされていた記憶。

巨大地震にせよ台風にせよ、壊滅的なものは人工的には作れないという。しかし、そこに人々の「恐怖」「不安」という想念の集合意識、エネルギーを上乗せすることで強大なものにすることはできるという話でした。

 

例えば、もともと震度4や5の地震エネルギーだったとしても、

f:id:syandery:20210223221547j:plain

 

大衆の「巨大地震は起こるのだ」という思念・想念が造成されて、地震のエネルギーに上乗せされる形でエネルギーが注がれれば地震震度6や7のレベルになってしまう・というメカニズムのようです。

f:id:syandery:20210223221550j:plain

 

でも逆に、

これらのトリックを知っていて、意に介さない、つまり不安や恐怖のエネルギーを皆がそれぞれ造成しなければ、災害が大きくなることはないということですよね。

上記のATLASラジオの弘法大師の話でも、将来日本に「基本的に禍などは起きない」 とおっしゃってますし、普通に変なエネルギーを注ぐことが無ければ、今後巨大地震も巨大台風もテロも日本に起こることは無いということじゃぁないですか。

 私たちはこのことを覚えておきましょう。

f:id:syandery:20210303210456j:plain

 何者かが意図的に恐怖を与えようとしてきても、意に介さない。そのことが大事なように思います。

「今後日本に大きな災害は起きない」

「意図的に恐れさせようとするものがいろいろ仕掛けてくるが、取り合わない」

「災害の起きない世界線を私は選ぶことができる」

この3つをよくよく自分の潜在意識に落とし込む。より多くの人がポジティブな未来感を持つ。

 そうすれば私たちは、より良い未来を選べるんですよね。

f:id:syandery:20210223221556j:plain(ムー誌2018年10月号タイムトラベラー記事)

 まあ少なくとも私たちは災害のない世界線を選びましょうや。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

●「楽しむ」ことで悪い呪術にかからない

f:id:syandery:20210226140728j:plain

『②』でも文を抜粋しました【異星人が教えてくれた日本の近未来】ですが、そこで秋山眞氏が興味深い話をされています。

日本人は技術を楽しみ、人情を楽しみ、日本そのものを楽しんでいるということです。自然と人情と技術を楽しんでいる国ってそうはない。それも千年単位でそれをやっている。これは巨大な力ですよ」

自然や人情、技術や日本そのものを楽しむことが意外にも日本人の力となり、

「これほど悪の呪術にかからない国ってほかにないですよ。事実、日本人は世界でいちばん、精神構造的に催眠術にかかりにくいと言われているんです」

楽しむ気持ちが人の洗脳などの悪い呪術にかからないガードとなっているという。

f:id:syandery:20210303233128j:plain

そして、逆に

楽しいことをしたり、してあげたりしない人は、物質的にも精神的にも落ちていくというのが、このアセンションの特徴です」

とのこと…。

アセンションとは、2012年12月から始まったという宇宙の大きな二分化のことだと思われます。次元が上がり、ポジティブな未来になっていく宇宙と、これまでの宇宙と変わりない困難な世界の二つの宇宙に分かれ始めてるそうです。大きく世界線が分かれるんですね。これも自分の意識で選べるんですよ。

f:id:syandery:20210224212227j:plain

 

人生を、日々を、一瞬一瞬を、楽しむ。そのことが悪い者の意図に取り込まれない大きな力になっているとは。波動が高いと嫌な人も寄せ付けないし、良い現実を選べるというけど、まさにそれですかね。

f:id:syandery:20210303210505j:plain

日々楽しいことをし、また提供し、楽しい未来へ進んでいっている人は災害にあわないのかも知れません

逆に、恐怖や不安、不満の日々を過ごすことは、災害にあう未来に自分を寄せていっていることかも知れません。

小さなことのように思えて、実は日々楽しむとはすごい力なんですね。

 

ちなみに

【願いを9割実現するマーフィーの法則によると、

f:id:syandery:20210303235616j:plain

ポジティブ・シンキングは、楽しい気持ちで願望を強く念じるという行為だけではない。恨みや憎しみ、怒り、不安といったマイナスの感情を打ち消すことも、重要なポジティブ・シンキングなのである」

とのこと。

楽しい気持ちを持ちつ、マイナス感情を自分の中から打ち消していく作業も同時に大切なようです。

 

f:id:syandery:20200730161716j:plain

一応災害に備えて水や保存食などを準備しておくことも大切じゃないですか。でも、その準備の時に、災害にあってそれを使う自分をありありとイメージするのって、ネガティブな意識を潜在意識に落とし込んでることじゃないですか。

そこで私が実践しているのは、「使わなくてよかった戦法」です。

f:id:syandery:20200730161613j:plain

缶詰を準備しつつも「けっきょく賞味期限きれるまで何もなかったね。ほんじゃあコレ食べましょうか」という、災害が来なくて必要なかったイメージを上塗り。

災害グッズも使わないまま劣化して「もうコレいらないかぁ~」っていうイメージング。ぶっちゃけこのごろ災害準備すらしなくなりました。災害にあわない世界線を選ぶ気満々であります(笑)

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

ところで

南海○○○地震とか、そういうのを信じることを選択する人たちもいるとは思いますが、それはそれぞれご自分の選択なので私は無理には引き止めません。

f:id:syandery:20210225212414j:plain

病気になること同様、肉体を持つ人間に生まれたからこそ経験できる困難を、意図的に選んでいる人たちも居るそうなので。困難なことにあうということも、本人の魂の選んだ崇高な理由である場合があるんですね。

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

最後に

バシャールさんの言葉を抜粋しておきます【バシャール ペーパーバック】

f:id:syandery:20191109005623j:plain

「怖れの方に焦点を合わせると、怖れが現実の中に返ってきます。もし、怖れを選びたくなければ、『あなたの』 選択を変えてください。全ての個人がその力を持っています」

 「未来は決まっていません。無限の可能性があります。未来は全て存在していますが、でも同時に、どれを実現するかは私たちが選択します。無限の平行した現実が存在しています。自分がなりたいものを選んでください

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

おまけ

オカルティー的・地震を起こさない方法② 予知不可能なのに煽られる地震

f:id:syandery:20191109005305j:plain

オカルティー120%の内容です・ご注意ください!

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

『地震を起こさない方法①』では世界線の仕組みのおさらいと、私たちが意識できている顕在意識よりも、潜在意識が未来の選択に影響を与えてしまうことについて簡単に説明しました⇩

 

●プチおさらい

顕在意識で「地震の起こらない未来を選ぶ!」と思っていても、潜在意識「でも地震は起こっちゃうのかも」と思っていると、より領域の大きなそちらの方が現実化されてしまうのでした。

f:id:syandery:20210223221503j:plain

そして、

潜在意識のさらに奥にある無意識の領域では全人類の意識が集まっており、その意識たちのより多くの考えていることが大きな未来(地球や人類の未来)を選択する…と。

つまり

より多くの人々の潜在意識が、我々のすすむ世界線を決定するというわけなんですね。

f:id:syandery:20210225211003j:plain

 私たちが心の奥底で信じていることが未来に反映される。そしてそれは「○○になったら嫌だな」「●●が起こったらどうしよう」という不安や心配もガッツリ反映される。というか、そちらの深窓の心理の方が”私たちの選択”として作用してしまうという(゚´Д`゚)゚。そんなぁ~~

 

というところまでがおさらいです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 泡のように無数に浮かぶ宇宙とそれを選ぶ選択肢。「今」私たちの居る宇宙から次の宇宙を選べるという図を『①』からもう一度載せます。

f:id:syandery:20210223221449j:plain

 

これを

例えば地震が起こる」宇宙地震は起こらない」宇宙「巨大地震が起こる」宇宙の3つの選択肢があったとします。

f:id:syandery:20210225212414j:plain

 

 そしてその3つの選択肢の先にはさらにいくつもの選択できる宇宙があり、

f:id:syandery:20210223221515j:plain

地震が起こらず、安定」あるいは好景気の未来から、「巨大地震が起こり、復興できない」など、ふり幅の広い未来の選択が広がることになります。

選びたいのはもちろん、災害など起こらず、景気の良い未来です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

ところで

未来に起こる地震は化学などのデータから予知できる・と思われていますが、実は地震の予知など「不可能」。そうキッパリ言い放ったのは、東京大学ロバート・ゲラー教授

f:id:syandery:20210223221609j:plain

昔、某テレビ番組で地震をテーマに議論がなされていた時、ではいよいよ東京大学の教授に意見を聞きましょう・とラスボス的立ち位置のゲラー教授に話がふられました。「先生、地震は予知できるんですか?」という司会者の質問に「できません」とにべもなく答え、番組出演者全員がずっこけたという惨事を目の当たりにしたことがあります(笑)

 

地震予知は「不可能」、国民は想定外の準備を=東大教授」より抜粋⇩

f:id:syandery:20210223221613j:plain

https://jp.reuters.com/article/idJPJAPAN-20609820110414

 ⇧ 

このゲラー教授の発言を、武田邦彦先生は「ようやく本当のことを言う人が現れた」高く評価(笑)

なんでも、30数年ほど前から「こういう研究報告をしろ」という圧力が省庁からあれこれと大学にかけられるようになり、それを断ると研究費を出してもらえなくなるようになったのだそう。「地球は温暖化がすすんでいると言え」「地震は予知できることにしろ」という感じに省庁の方から指示され、そのとおりの『研究結果』を発表しないと、金銭面で締め付けられて活動できなくされる・と。

f:id:syandery:20210223221617j:plain

武田先生は尖ってるんで(笑)、その指示に従わず、研究費を止められたのだそうです。しかし当時、すでに50代でそれなりに偉かった先生は、お金を出してくれる企業に恵まれたので研究を続けられたのだそうです。しかし「私がまだ40代だったなら従わざるを得なかった。養わねばならない人たちを抱えたまま研究費を止められると、困るのは自分だけではないから」とのことでした。

黒い世界ですね~。

f:id:syandery:20191114234016j:plain

 

 

地震なんていつどこに起こるのかなんて本当は予測不可能。だけど、予知できます・と言わないと研究費が降りないから、地震の研究者はできるかのようによそおっている・というのが武田先生談。

 

つまり

いま巷に溢れている地震予知や予測の話は「ありもしないこと」をさもあることのようによそおって流布されているものだということになりますね。40年以内に○○地震が起こる!とか、そんな先のことを(起こってもいない地震にご丁寧に名前まで付けて)流布してるじゃぁないですか。

f:id:syandery:20210225232401j:plain

そういえば、そんな先に起こる地震のことが地域や死者数まで予知できていて、なんでこのあいだの福島・宮城の地震はほんの1週間前ですら予測できてなかったんだ?と思いますね。そして、311当時、余震の可能性は2~3年ある・とは言われていたんですが、10年たって起こった先の地震が「311の余震だ」と報道されていたのにはズッコケましたね↓↓↓ どんだけ後出しじゃんけんやねん・と。恥げも無さすぎ(ㅇㅁㅇ;) 

 

 そもそもなぜ

メディアではさも、近いうちに確実に地震が起こるようなことを繰り返し繰り返し報道してるんでしょうね? それっぽく専門家も出てきて話もしていたりします。

f:id:syandery:20210223221524j:plain

 

 ご丁寧に「破壊的な大地震がこんなふうに起こって、東京にはこんな被害が起こります!」という、視覚に訴えたCGまで制作して、すでに起こることが決定しているかのようにニュースや番組で流しているのも見ましたよ。

f:id:syandery:20210223221533j:plain

 

 人間の無意識に深い印象を刷り込むには言葉や文字も有効ですが、なにより視覚からが効果的なんですよね~…。無いことでもあるかのように繰り返し映像を見せられたら、知らず知らずのうちにそれを未来の事実として潜在意識は認識してしまうでしょうね。

f:id:syandery:20210223221538j:plain

 

誰も予知できないはずのことが、これから起こることの決定事項のように恐怖とともに潜在意識へと刷り込まれていき、どんどん未来に対する恐怖心として強化されているという変な社会・・・現在進行形。

f:id:syandery:20210223221542j:plain

こういった情報にふれるほど、小さな顕在意識が災害のない未来をいたいけに信じようとも、その何倍もの領域である潜在意識に恐怖心や嫌な未来図が強化されていきますよね。

 

前記事をもう一度繰り返しますが、

未来や人生はその人の”思い”が創りあげる・と。

f:id:syandery:20210223221459j:plain

無数にある世界線の移動先を決めるのは自分の”思い”で、しかしその”思い”というのは顕在意識の自分だけではなく、潜在意識の自分と抱き合わせのものなのだ・と。

おまけに、

潜在意識のほうが大きい、つまり強いんですよ…(‘A`)

 

さて

あなたの潜在意識はどの未来を信じているでしょう?

f:id:syandery:20210225212414j:plain

 

 私はオカルティーの知識を得れば得るほど、一定の権力集団、特にメディアはこれらの知識を知っていて活用しているな・と感じるのです。そして一方では陰謀論だのトンデモだのとそれらの知識が馬鹿らしく恥ずかしい物として貶め、人に信じさせないようにしているのです。

そのこころは?

自分たちだけで(オカルティーの)知識を独占して活用したほうが有利だから・と、オカルティー界ではささやかれています。

f:id:syandery:20200508153512j:plain(古来よりオカルト知識は独占されるものであった…)

目に見えないものを扱うオカルティーの世界というのは『心理のビジネス』だと思うのですが、これを戦略的に使う場合、心理戦は相手にその知識がないほど有利なわけで。

 

メディアと大雑把に言いましたが、正しくはメディアを掌握している者が・だと思われます。その世界で労働している多くの人は、上から言われたことをやっているだけで、それが暗にオカルティーな意味合いを含むものだなんてゆめゆめ思っていないでしょう。

f:id:syandery:20191109004552j:plain

私はテレビというメディアの、大衆への真意はネガティブだと感じています。コロナの恣意的な報道にせよ、恐怖心を意図的に煽る災害予測にせよ、一見、ためになる情報を発信しているように見せかけて、実は大衆をネガティブなほうへ引っ張っているということが頻繁にあるように見えます。 ← オカルティー視点から見ると。

f:id:syandery:20200427170015j:plain

「ほんじゃ、なんでメディア(を掌握している者)は大衆をネガティブな方へ引っ張るんだ?」問題ですが、オカルティーの世界でもそこはいろいろな説があります。が、今、この状態の世界で大金をもうけている一部の人間にとっては、大衆はいつまでも愚鈍でネガティブな状態である方がいいと考えてる説が有力な気がします。

下衆い話ですよね…

f:id:syandery:20190929231617j:plain

”地球はいま5次元へ上昇しようとしていて、人間のネガな感情を食い物にしている次元の低い宇宙人は、人間を上昇させたくないんだ”

とか

”世界の有力者は実はネガな宇宙人が人間に化けていて、奴らは人間を支配しているんだ。メディアは奴らの傘下なんだ”

とか、

説はたくさんありますが、

ビッグビジネスの独占のために大衆は無知にしておいたほうがいい。メディアはそのための良い大衆誘導装置だ・と考えてる人間がいるというのが、一番わかりやすいような気がします。大衆の心理を誘導すれば『兵器を売りたい ⇒ 敵国を仕立て上げる報道をしよう』『ワクチンで儲けたい ⇒ ウイルスの不安を報道しよう』とか、いくらでもビジネスに都合よく好きなように創作できますからね~(ただネットの普及は誤算だったと思いますが)

f:id:syandery:20210226134133j:plain

 

日本の報道が巨大地震と破壊的被害にものすご~く誘導しているそのこころは? となりますが、メディアの真意は? 何でしょうね~。『 ここからビッグビジネスが生じる』という見方や、『そもそも日本の破滅を望んでいる外国勢力だからでしょ』というクールな見方もありますが、我々は報道を掌握している人間に直接聞くことができないので、あれこれ想像するしかないんですよねぇ~。

ちなみに

上の疑問のヒントになるかは分かりませんが、『異星人が教えてくれた日本の近未来』という本にこのような一節があり、いまでも強く印象に残っています。

f:id:syandery:20210226140728j:plain

ネガティブな活動をしているイルミナティ(秘密結社の幹部)を取材したくて、当人物を紹介してもらったという中丸薫氏いわく⇩

【※閲覧注意・311の災害にあわれた方・知り合いが被害にあった方は下の文を読み飛ばすことをおすすめします】

「そのやり取りの最中にちょうど3.11の東日本大震災があったんですね。そこで、「これはあなたたちがやったの?」と追加の質問状を出したら、1カ月後に「当然です。日本は神の国。目障りだ。徹底的に日本を殲滅させる」と返事が来ました」

「また、海上を移動可能な地震兵器の写真も送り付けてきました」

という内容があって、これを読んだ時は意味なく(?)日本人を憎んでいるような人らが居るのかなと…なんだかモヤった覚え。

 

とにかく、

自分さえ儲ければ人なんてどうでもいいとか、自分が気に入らない人間は消していいんだといった思考のしょうもない人間が、権力や大金を持つとヤバいんだろうな…ということはうっすら感じました(~_~;)

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

宅でテレビを流しているだけで、どんどん悪いほうの世界線を選ぶような潜在意識が強化される……なんて、冗談じゃあないですよ!

f:id:syandery:20190903135755j:plain

と、私は密かにオカルティー目線でずっと憤っていたのでした…。

こんなこと書くからますますヤバい人物として距離を置かれるんでしょうが、このオカルティー心理戦について皆さんに知識として頭の片隅に入れてもらうべく、記事にした次第です。

 

 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

なんだか『②』はメディアへの憤懣でいっぱいになってしまいましたが(笑)(コロナ報道への個人的恨み?)

 長くなりましたので、地震・災害を避ける心構えについては次に書こうと思います。

『③』へつづく ⇒ 

オカルティー的・地震を起こさない方法① 世界線って何?という超基礎

今月起こった宮城・福島の地震のニュースにふれ、前から思っていた『オカルティー目線で解釈する地震みたいなののメカニズム?を、オカルティーに興味がないひとにもぜひ知っておいてもらいたい!そしてできれば、オカルティー的・地震の起こらない未来を選ぶ方法を伝えたい!というかねてからの思いが、改めてわき上がってきました。

(正しくは、オカルティー的・災害を避ける方法、でしょうか)

f:id:syandery:20191109005631j:plain

とはいえ

改めて記事にしようとしてみて、あ~自分もオカルティーを分かってないなぁと感じるところが多々ありました(汗) 保存しておいた各オカルティー記事や書き出し文も整理が悪く、調べたいものが見つからない残念な状態が改めて露呈。

f:id:syandery:20190919174752j:plain

こんな状態ですが、とりあえずまずはオカルティーの超基礎編として、世界線というものが何であるかをみなさんと一緒に復習できたらなぁと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

●オカルティーの基礎世界線って何だろう?

 いわゆるパラレルワールドとか並行宇宙というものの総称みたいなものでしょうか。”実は私たちの居るこの宇宙以外にもたくさん宇宙があって、それらは同時に存在している”という、漫画やドラマでも大人気の説ですね。過去や未来に飛んだり、異世界に紛れ込むというのは、いわゆるこの世界線』を移動して”他の宇宙”へ移動することですね。

f:id:syandery:20210223221414j:plain

世界線の解釈についてはいろいろあるようですが、私はムー誌の2018年10月号に特集されていた『タイムトラベラー大予言』の回を説明に引用させていただこうと思います。

 ⇧ 

このムー誌のタイムトラベラーの特集は、そっち系のオカルティーに興味のない自分でもワクワクと読めるほど面白い特集でした。

 まず

90年代には実は、機器を使った霊とのコミュニケーションが世界各地で成功していて、霊界の人たちやパラレルワールドの人とのやり取りができていたっていうのがすごいですね。その話題の中で世界線の話題が出てきたのですが、他次元の人の目を通した世界線の見え方というのが〈泡のような平行宇宙がたくさん浮いているように見える〉と表現されていて(赤線)⇩

f:id:syandery:20210223221419j:plain

無数の宇宙の浮かぶ様子はすでに 、わてら3次元の人間の想像を超えてきています(°_°) 。その泡のようなものひとつひとつが、ぜんぶ銀河宇宙ですよ?宇宙が無数に泡のようにずら~~っと浮かんでるんですよ? 自分の居る宇宙ひとつ分からない我々には分かりようのない世界です・・・

 f:id:syandery:20210223221424j:plain(こんな感じで宇宙がいっぱい浮かんでいるそうです)

 んでもって

私たちが「居る」宇宙はその無数の泡の中のひとつです。「居る」という表現をしましたが、正しくは「自分の意識がある」宇宙はひとつ・なんです。

いま私が、あなたが居るこの宇宙の、それ以外の宇宙にもそれぞれ私もあなたも居るんです。それぞれの宇宙にちゃんと太陽系があって、地球があって、日本もあって、私も居る。あなたも居る。

 私たちの「居る」宇宙のすぐ近くの宇宙など、私たちの居るこの宇宙とどこが違うのか、違いを探すのが難しいほどそっくりな世界のようです。そして、その「違い」は、私たちの「居る」宇宙から遠くなるほど大きくなるようです。

f:id:syandery:20210223221428j:plain

 上の記事の抜粋の赤線を読んでいただくと分かるとおり、近くにある宇宙とのその違いは「ある地域で気温がマイナス50度以下に下がり、子供達が学校に行けない日があった」程度の違いとのこと。隣にあるぐらいの宇宙とは、ほぼ違いがないみたいですね。

 私はこれ⇧ を初めて知った時、

たくさん宇宙があって、そのそれぞれの宇宙に自分が居る?他の宇宙に存在している「自分」は何してる?そして私は何故それを知ることができない?一体どうなってるんだ???と頭の中は混乱状態でした。

これを上手いこと説明してくれていた本の一節がありました。

f:id:syandery:20200320221400j:plain

80年代から人間にチャネリングしていろいろなことを教えてくれた、あの超有名宇宙人のバシャールさん。彼によると、

”チャンネルはたくさんあっても、あなたがTVで観られるチャンネルはひとつだけですよね。でも、他のチャンネルも同時に存在していますよね” みたいに説明されていた覚え。

f:id:syandery:20210223221437j:plain

確かに、テレビのチャンネルは同時に存在していて、それぞれ同時間に放送されている。でもTVで観られるのはひとつのチャンネルだけです。

宇宙は泡のようにたくさん存在している。それらは同時に世界が進行している。だけど私たちが意識を置いて「現実を感じられる」宇宙は、世界は、ひとつだけ。私達3次元の人間の感覚ではそうなんですね。

 んでもって

いまひとつ私もどれがどうしてなのか分からないのですが、人間は瞬間ごとにわずかに違う他の宇宙、つまり、無数に浮かんでいる宇宙のなかの、すぐ隣のそっくりさんの宇宙へと意識が移動し続けているそうなのです(⇩記事・赤線)

f:id:syandery:20210223221432j:plain

「そうした一瞬の宇宙がつながって、ひとつの世界線として認識されている」。難しい…。つまり、我々が移動することによって宇宙と宇宙がつながっていき、それが線となる ⇒ 世界線ということでしょうか???

私もあまり分かってなくてすみません(‘A`)

宇宙から宇宙へと我々は移動しているということですが・・・

私達3次元世界の人間の特徴として『時間』がある・というのがあります。4次元、つまり死後の世界からは時間から解き放たれて、過去へも未来へも自由に行き来できるそうですが、いま、3次元を生きている私たちは時間の制約を受けて生きています。

「時間」という概念があるので、時間が一定方向にしか流れない問題があるんですね。

f:id:syandery:20210223221441j:plain

 それで、みんなで

時間に押し出される、あるいは流されるように?無数に浮かぶ宇宙を一定方向に移動している…ということかと思われます。

 

図にするとこんな感じかな?と。

f:id:syandery:20210223221445j:plain

 泡のように浮かんでいる宇宙というのはこんなに整然と並んではいないと思いますが(笑)、例えば「時間」の概念があって、一定方向に意識が移動していく・を図にすると、横の列の宇宙が今現在、同時に進行しているほかの宇宙たち縦が時間の進行方向で、下の過去から上の未来へと進行していってる・と。

 さて

私たちの意識が未来へ進むとき、上の図のように真っ直ぐ上にある宇宙を必ずしも選んで進むか?というと、ここが大切なポイントですよ~!下手な説明ですがなんとかついてきて下さいっ。

 私たちは自分の意思で、進む先の宇宙を選べるんですね~。

f:id:syandery:20210223221449j:plain

 とはいえ、時間の進行方向上、上へしか移動できませんが、しかし、例えば上には近い所に宇宙が3つあったとして、私たちはその3つのどの宇宙へ進むのかを選べるんです。それは個々の『自分の意思』で選ぶんです。

3つの宇宙はあまり違わないかも知れませんが、例えば気温が21℃の東京と、20℃の東京、19℃の東京があり、さらにその少し先の未来に台風が来るとします。気温として2~3℃しか違わなくても、そのわずかな気温の差が台風には多少影響し、風がやや強くなる日本、雨の降る日本など、先々には若干違いができてくるのかも知れません。

では

雨に降られたくないと思っていた人はみんな、雨の降らない宇宙をちゃんと選ぶことができたでしょうか?

f:id:syandery:20200912221948j:plain

答えは、たぶんNO

それはなぜか?!

 ⇩「起こったら嫌だ」という思いからも「今」は創造される。ど~~~~ん…

f:id:syandery:20210223221454j:plain

 「こうなったら嫌だなぁ」とか「こうなってしまったらどうしよう?」という思考も、「未来を選ぶ自分の意思」となるんですね~(‘A`) 「今」が常に次の「未来」を創造するので、「今」嫌だと思っている思考が「嫌なほうの宇宙」へと自分の意識をいざなうんですね~(´ε`;)

「雨降ったらやだなぁ」と思っていた人は、雨の降る未来へといざなわれていったのでした…

 

追加情報ですが、

身近な小さな出来事については、おそらくは個人個人の意思が少し先の宇宙を選べるけれど、災害や戦争などの大きな出来事については、より多くの人の意識が決定するのだと思われます。ムー誌の記事については後者の大勢の意識のことを指しています。

f:id:syandery:20210224212219j:plain

 

自分の国に災害が起きる未来を選ぶ人はほとんどいないでしょう。私もあなたも、選べるのなら「災害の起きない未来」を選ぶでしょう。

ところが

自分の意識している表面上の意識【顕在意識(けんざいいしき)】と、心の奥底で思い込んでいる、自分では自覚できない意識【潜在意識(せんざいいしき)】があって、”潜在意識の方が強い問題”・・・(;゜Д゜)ど~~~~~ん

f:id:syandery:20191109005706j:plain

 

よく「氷山の一角」の図で説明される【顕在意識】【潜在意識】の図。自分が意識できている意識の何十倍も、心の奥底にある意識の方が大きく、人生や思考、行動に影響を及ぼすというやつですね。

f:id:syandery:20210223221503j:plain

「私は災害のない未来を選ぶもん!」顕在意識で思っていても、その何十倍もある潜在意識の領域では「でもきっと災害は来るんだ…」と信じていたりする。そして、「災害のない未来を選ぶ!」と誓いながら結局災害のある未来の方を選んでしまうという…

 

 未来は【潜在意識】と一緒に創り上げられている・・・

f:id:syandery:20210223221459j:plain

 ⇧ 

「人類の集合無意識」と言う言葉が出てきましたが、実は、潜在意識のさらに奥には【無意識】界というのがあるんですね~~。

f:id:syandery:20210223221520j:plain

 全人類の(動植物も含む説アリ)意識は無意識界でみなつながっており、その無意識界の意識、つまり全人類が意識の奥深いところで信じている意識の多数決で、地球の大きな未来は決められていくのです。

そうです

「きっとまた大きな地震が来る」と、より多くの人が心の奥底で思っていると、私たち人類は「地震が起こる」世界線へと進んでしまうのです・・・

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 え”? 私そんな潜在意識持ってませんもん。私の周りの人たちだって「本当は地震が来るんだ」なんて思ってないしぃ~。

f:id:syandery:20210212224922j:plain

 そうそう。そんなこと心の奥底で信じたり望んだりした覚えなんてありません。

なのになぜ、

人は潜在意識「こうあってほしくはない」というネガティブな思考を持ってしまっているのでしょう?

また、

災害の起こる世界線も起こらない世界線もあるというのに、わざわざ「災害の起こる世界線をまた選んでしまった…」ということを起こしてしまうのでしょう?

 

 ②ではそちらのカラクリについて書いてみようと思います ⇒ 

また鳳凰っぽい雲を見つけたんです、龍っぽいのも。

先に謝っときます・しつこくてすみませんm(_ _)m

龍雲と鳳凰雲の記事が3連続になってしまいますが、またそれっぽい雲を見つけてしまったのでUPしたくなりました。

 

昨日、カモの写真を撮りに川へ出向いていたのですが、

ふと空を見上げると

 

ぶぁさ~~っと羽根を広げた鳥っぽ雲が。

f:id:syandery:20210217210917j:plain

 

こんなふうに私には見えたのですが、モコモコとした頭部が鳳凰っぽくも見える?ちょっとこのごろ意識し過ぎなのでしょうか…

f:id:syandery:20210217210921j:plain

 

もうちょっと時間差で撮ったこの鳳凰みたいな雲は、さっきよりややお顔が精悍になってるような気がします。

f:id:syandery:20210217210926j:plain

 

顔部分のアップ

f:id:syandery:20210217210932j:plain

 

そして、

 

しばらく川伝いに歩いていると、

 

もくもくとした雲の一部が龍の頭部のように見えて、じ~っと見ていました。どこか分かります?

f:id:syandery:20210217210936j:plain

 

この真ん中の部分の雲が龍のお顔みたいだなと思って見てたんですが、写真だとぺらりと平たく映ってしまい、なかなか肉眼で見たようにお伝えできないのが残念です…

f:id:syandery:20210217210940j:plain

 

ここの部分なんですけど、龍の横顔に見えませんか?

f:id:syandery:20210217210945j:plain

 

線でむりくり表わすとこんな感じなんですが、

f:id:syandery:20210217210950j:plain

あ、もしかして龍というより馬の頭部?

 

時間が経つと雲が伸びていき、

なんかキツネっぽい顔に変化したのでした(笑)

f:id:syandery:20210217210956j:plain

 

ニッコリした人のよさそうなおキツネさん(笑)

f:id:syandery:20210217210959j:plain

 

相変わらず今日もどうでもいい田舎記事でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

今月の7日にフィギュアスケートの地方の小さな大会があり、それを観た感想を書こうと、画像などを準備していました。が、その矢先、また東北で大きな地震が起こってしまいました。

ニートのレギュラーで、寄付できるお金もないですが、私なりにできることがあるとしたら”オカルティー的観点で地震を起こさない方法(地震にあわない方法)を記事にするしかない!

f:id:syandery:20191109005631j:plain(いくつもの未来から自分で現実を選ぶ)

と、

フィギュアスケートの記事を後回しにして、地震を起こさないための記事を準備していたのですが…

昨日、ふと鳳凰とか龍みたいな雲を見つけたので、とりあえずチャチャッとそちらを記事にしたのでした。

 

このところ腹痛とアレルギーと神経痛でなかなかブログがはかどりませんが(汗)、追って地震を起こさない記事とフィギュアスケートの感想記事をUPして行こうと思います…

【縁起物】今日は鳳凰雲(?)二連発

昨日は「去年末から龍神鳳凰の時代に入ったはずなのに龍雲をよく見る」みたいな記事を書いていました⇩

 

 ところがどすこ~~い!

 

今日のこと。せっかく冬はほとんどケムトレイル(人体と土地に悪い消えにくい飛行機雲)が無く、空と空気がきれいだと喜んでいたのに、今日の空はえぐいくらい飛行機雲でもっくもくでした。

 私は腹をたてて「これからは写真を撮る&カレンダーに記録して、ケムトレイルを観察してやる!」と、河原に出て空の写真を撮っていました。

f:id:syandery:20191109004529j:plain

んで、

撮った写真をカメラの画面で見ると、

なんかケム雲が白鳥みたいな形に見えるな・・・と。

f:id:syandery:20210212205538j:plain(雲の範囲が広すぎて、小さなモニター画面で見ないと雲全体の形が分からないんです)

で、

鳥みたいな雲だなぁと思いながら眺めていると、

その鳥みたいな形の雲が右側にも大きく続いていることが分かり、

写真を撮ると・・・こ・これは・・・

f:id:syandery:20210212205543j:plain(写真右下によそ様のお宅が入ってしまいましたので塗りつぶしました)

 

ケム雲がめちゃくちゃ巨大な鳳凰?のように見えてきました。自分の視界にも入りきらないデカさで、写真を2枚、ちょっと無理がありますが合せてみました。

f:id:syandery:20210212205547j:plain

 

 

私にはこんなふうに鳳凰っぽいかたちに見えたのですが、どうでしょう?

f:id:syandery:20210212205551j:plain(上のフワフワしてる雲は線で描くのが面倒くさかったので放置)

 

 

まあこれからは鳳凰の時代だそうなので、縁起物ということでPCの壁紙比率で大きめの写真をこしらえておきました(笑)

f:id:syandery:20210212205555j:plain

 よろしければ画像をコピーしてお使いください。

 

 ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

さて、

その後お買い物に行き、用事を済ませて帰ってきました。

すると帰りの道すがら、

また新たな鳳凰が出現?

f:id:syandery:20210212214549j:plain

 くちばしが無いという怖い顔ですが…

 

 下半身の方。またしてもデカすぎて写真1枚では収められず。

f:id:syandery:20210212214554j:plain

 

 無理矢理2枚の写真をつなぎ合わせるとこんな感じ?高層マンションより巨大な鳳凰・参上✨⭐️ みたいな。

f:id:syandery:20210212214559j:plain

 

 こんなふうに見えたんですけど、どうでしょう?くちばしが無いとダメですかね(笑)

f:id:syandery:20210212214602j:plain

 

 そういえば、

世に「鳳凰雲」として投稿されている写真の9割ぐらいはケムトレイルのケム雲のような感じがします。なかなか消えず風でシュルシュル伸びるケム雲は鳳凰っぽい形になりやすいのかも知れませんね。

鳳凰も龍も形無きエネルギー体なので、エネルギーによって形作られやすい水蒸気によってその姿を現す…というのが龍雲や鳳凰雲の原理なんだそうです。

f:id:syandery:20191109005647j:plain

しかし、

その姿の元がケム雲というのが何とも残念ですが、鳳凰のエネルギー体が汚いケム雲を異次元に飛ばして行ってくれてるのだったら良いなぁと思いました。

 

 それにしても、

なぜこの頃、すごく早いペースで龍雲とか鳳凰雲っぽいものをじゃんじゃん見かけるんでしょう?

よく分かりませんが、私は去年に入った時から、ものすごく何かが早くなったような感じがしていて、急いで情報をとらねば世の中についていけないような気がしていました。で、体調がずっと悪かったので、横になっている時などの時間を利用してYoutubeをかなりかけ流していました。

f:id:syandery:20190915002913j:plain

それが、今年に入ってさらに”何か”が早くなった気がして、その猛烈な勢いによく分からないまま焦っています。

一年に1つ2つしか見ることのない龍雲や鳳凰雲をハイペースで見かけることにも、なにか猛烈な”早さ”というか”速さ”を感じて、畏怖にも似た焦りを感じるのでした…

  どうしたらいいんだ…?

f:id:syandery:20210212224922j:plain(何焦ってるよ?)

 

 とりあえず

前の世界線では死んだであろう去年の3月。その3月がまた近づいてきています。ポエムや書き溜めた詩、書こうと思って頓挫した読み物など、遺品整理で出てきて恥ずかしい物は処分しておかねばならないと去年はつくづく思いましたので、そろそろ真面目に恥ずいものは処分していこうかと思っています(笑)

f:id:syandery:20210212224925j:plain(遺品整理する人を微妙な気分にさせる、それ、いくない!)

縁起が良さそうな龍雲(?)

某オカルト系Youtube「2020年の12月22日(?)から(守護してくれていた神獣が)龍神から鳳凰に切り替わる」みたいなことを話されていたので、

そうか、

ならば2021年からは龍雲より鳳凰みたいな雲のほうが見られるようになるのかもな~

と、ぼんやり思っていました。

f:id:syandery:20191109005726j:plain

 が

2月4日、洗濯物を干している時にふと窓の外を見たら、なんか長~い雲が見えました。

それはめちゃくちゃ長~~~い雲で、視界に入りきらないというか、右側が竹やぶに遮られていてどのぐらい長い雲なのか分からないぐらい長い雲でした。

こういう雲は、よく見ると龍雲だったということが多いので、とりあえずカメラでレンズに入る限りの雲を写真に収めました。

f:id:syandery:20210211231021j:plain

長い雲をレンズに収めようとしてお隣さんのお宅がガッツリ写ってしまいましたが…撮った写真を龍雲かどうか確認してみました。

 

私にはこんな感じに見えたのですが、どうでしょう、これは龍雲でしょうか?

f:id:syandery:20210211231024j:plain

 

顔にあたる部分?は遠くてボケボケになっていますが、

f:id:syandery:20210211231028j:plain

 

見ようによっては龍っぽくなくもない?

f:id:syandery:20210211231032j:plain

 

もうちょっと時をずらして撮った顔部分の写真は

f:id:syandery:20210211231036j:plain

 

やや龍っぽくはないでしょうか?

f:id:syandery:20210211231041j:plain

まあこれは判定があいまいな”龍雲”です。

 

 

昨日お買い物に出かけた時のこと、

ひらけた空いっぱいに広がるめちゃ巨大な龍雲(?)を発見。めちゃくちゃ巨大でこれもカメラのレンズに収まりきらない感じでした。

f:id:syandery:20210211231057j:plain

 

私にはこんなふうに見えたのですがどうでしょう、これは龍雲っぽくないですか?

f:id:syandery:20210211231047j:plain

 

これまでも龍雲かな?というものは何度も撮ったことがありますが、目玉っぽいものまで撮れたのは初めてです。撮った写真を確認した時、目玉まである?!と驚いて目の前の雲をしげしげ見たのですが、目玉らしきものは見えません。

f:id:syandery:20210211231052j:plain

で、もう一度写真を撮って確認すると、またカメラには目玉のニュアンスまで写っている。不思議でした。

 

よくわからないですが、

これまでにないぐらい巨大な龍雲?がたて続けに目撃されたのでした。まだまだ空には龍神さんご健在なんでしょうか。

 

とりあえず縁起が良さそうなので、ここを見て下さった皆さまと龍神的幸運をシェアしたいと思います✨⭐️

 

残念なスマホで撮ったのでサイズも画質もアレな感じですが、画像を使いたい方はこちらのやや大きめの画像をご自由にお使いください⇩ いちおう一般的PCの壁紙比率にしてみました。

f:id:syandery:20210211232400j:plain

 

記事の最初の龍雲?は川の上を、次の龍雲?は川の手前で、川に向かっていくように龍雲がありました。

これまで見た龍雲と思われるものはほぼ100%川の上やその付近だったように思います。不思議ですね~。(京都でも賀茂川の上とかで見えてました)