オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメント欄は記事などの一番下にあります。

タダ読み漫画リポート

「今年はいろんな本や漫画、映画やアニメを観るぞー!」とお正月は息巻いてましたが↓

 3月にはもう息切れしはじめて、今のところオカルティー本ちょこちょこと、電子書籍の無料で読める漫画(前のほうの巻しか読ませてない)を読むぐらいになってしまいました(´ε`;)

f:id:syandery:20191121141011j:plain

とりあえず、

ニートとしては無料の漫画から読むものを選ぶより仕方ないので、電子書籍の【無料】のコーナーから読んでみたい漫画を選びます。が、有名な漫画以外は、正直なにを読めばいいのかけっこう分かりません

なので、

そういう時は歴史物を選びます。

 

まず、目についたのは古代ギリシャを舞台にしたレアな漫画オリンピア・キュクロス」。

f:id:syandery:20200401210609j:plain

あの「テルマエ・ロマエ」の作者の方の新しい漫画です。

 

「無料」で読む本をわざわざ〖¥0 で購入〗手続きする不思議。

f:id:syandery:20200401210601j:plain

購入の注文確認メールまで送られてきます・・・なんだか気まずい(笑)

内容は、

また「テルマエ・ロマエ」の展開と同じ、古代から現代へのタイムスリップか~~~~い!(笑) (今回は大甕の中にいたときに雷に打たれるとタイムスリップ)

f:id:syandery:20200401210605j:plain

 

漫画で主人公が恋心震わせるシーンは昔からよくありますが、主人公が古代ギリシャ美人に萌え萌えしてるシーンってけっこう新鮮でした(笑)

f:id:syandery:20200401210613j:plain

 

  古代ギリシャ人がタイムスリップしてくるのは、現代といっても、前の東京オリンピックの頃。今の東京オリンピックに合わせて執筆されたのでしょうか。

f:id:syandery:20200401210618j:plain

 わた菓子を雲だと思って驚いてるシーンとか、ふつうの日本家屋から現れた爺さんをゼウスだと思っておののくシーンとか、笑えました。

ヤマザキマリさんの漫画は明るく楽しく読めるからいいですね。

 

そして

もう一つ見つけた古代世界史ものヒストリエ。作者の岩明均さんって確かホラー漫画?の「寄生獣」描いてた人ですよね? ホラー描いてた人が古代地中海世界を描くとは、これまた意外。

f:id:syandery:20200401210622j:plain

古代の戦争の様子とか、絵で描いてもらえるとイメージしやすくていいですね。

f:id:syandery:20200401210640j:plain

 

古代世界はけっこう残酷です。

先月、観た「トーキョーグール」でも拷問シーンにゲゲッとなりましたが、「ヒストリエ」でもしょっぱなから拷問シーンがありました…

f:id:syandery:20200401210644j:plain

 古代史の逸話もけっこう残忍です。

打ち取った敵の頭の皮で手ぬぐいを作るスキタイ人とか、ある意味信長さまの、敵の頭蓋骨で祝杯・よりもやばいエピソードかも…

f:id:syandery:20200401210626j:plain

ちなみに、どう猛きわまりないスキタイ人ですが、日本に渡ってきたユダヤ人の一氏族〖ガド族〗はスキタイ人と合流して生きのびたという説もあるので、この恐ろしいスキタイ人のDNAが日本人にも流れている可能性はゼロではない…たぶん。

さらに、

メディア王と忠臣ハルパゴスのエピソードがやばい。

ハルパゴスのちょっとした失敗を許せなかったメディア王は宴席にて

f:id:syandery:20200401210631j:plain

「ハルパゴスよ…食事はうまかったか?」

「はい、大変おいしゅうございました」

「お前の膳に供した肉は他の膳のものとは違う」

f:id:syandery:20200401210636j:plain

 どーーーーーーーーん・・・・・

なんかこの歴史エピソード、子どものころ親に聞かされた覚えがありますわ…

ちなみに、ハルパゴスは顔色一つ変えず、ひたすら王に詫び、その後も忠臣として仕えながら機会をうかがい、メディア王に反旗を翻したそうな。

しかし、この漫画の様々なエピソードは史実に基づいているので、なかなか勉強になります。機会があればこれは続きを読みたいなと思いました。

 

さらに

フランスのロココ時代を舞台に描かれたイノサンという漫画を発見。

f:id:syandery:20200401210648j:plain

 少女漫画では、フランスロココ時代を舞台にした漫画『ベルサイユのばら』があまりにも有名ですが、青年漫画ロココ時代を描くとどうなるのか、ちょっと興味がわきました。

 

なんか、絵の精巧さがすごいんですよ。建物とか、服のレースの部分とか、めちゃめちゃ描きこまれていて凄い。

f:id:syandery:20200401210652j:plain

 

内容は超残虐系で、裏切りと血みどろに満ちたかなりグロい作品でした・・・

あ~・・・また拷問シーンが・・・

f:id:syandery:20200401210657j:plain

過去の歴史ってどうしても現代よりも残虐だし、社会も今ほど理性的ではなかったので、こういうエピソードがあるのもやむなしという感じでしょうか…

それにしても、選んだ漫画やアニメの拷問率の高さにおののいてます(((╹д╹;)))

 

こちらは

歴史物だからというより、今めちゃ人気なので、どんな漫画か気になって試し読みした「キングダム」。1巻の途中までしか試し読みさせてもらえない超消化不良でしたが(笑)、どんな漫画なのか雰囲気だけは分かりました。

f:id:syandery:20200401210701j:plain

これ、人気のある理由がすぐに分かりました。

「キングダム」は作風がすごくレトロです。私の親世代ぐらいが読んでいた時代の漫画の雰囲気、展開、セリフまわし、絵柄です。

おっちゃんじいちゃんは、よほど漫画を読み続けていない限り、たぶん今の漫画のノリとか展開についていけない。だけど、今の漫画を読める世代の人は、昔の漫画も読める。

つまり

「キングダム」はかなり幅広い世代の人が読みやすい漫画のはず。

なるほど、そういう流行り方もあるんだなぁ~と、1巻の途中までしか読んでいないのに妙に分かった風情な自分が居る(笑)

 

という感じで

 たて続けに歴史物漫画を読んで、その陰惨さに疲れを感じたので、ほっこり幸せな作品に癒されたくなってしまいました。

それで選んでみた漫画が「新婚中で、溺愛で。」このタイトルなら間違いなかろう。新婚ラブラブカップルの幸せストーリーに違いありません。(関係ないですが、最初「新婚中で溺愛で」とワードを打ったとき、『新昆虫で出来合いで』と出てきて、昆虫な出来合いのお惣菜を想像してしまいました)

f:id:syandery:20200401210706j:plain

 うん、まあ展開は、家族の借金を背負ういたいけな女子高性が、若き新進気鋭の社長に、借金を肩代わりしてもらう代わりにお嫁さんになるという無理くりな感じではありますが(笑)

女の子のほうも社長に心惹かれて好きになるというハッピーな展開で、まあよかったかなぁとちょっとほっこりしましたが・・・

f:id:syandery:20200401210710j:plain

 ひとつ癒されきれない残念要素は、社長が強引な俺様系であるところ。漫画ではこういう信長さまな俺様オトコがなぜかヒロインの相手として好まれて描かれていますが、こういう人物へのあこがれが一部の女性にはあるのでしょうか?私には分かりません…

俺様系、私はめちゃ苦手なので、何だこのオトコはァーーーー‼と半ばイライラしながら読んでました。見たかったのは、お互いの違いを擦り合わせながら夫婦のきずなを育んでいく、そっちのほっこり系だったのになぁ(´ε`;)そういう辛気臭いのは漫画としてウケが悪い?!

 

そして

もうひとつ女性向け漫画「ランウェイで笑って」

f:id:syandery:20200401210714j:plain

身長の低い女の子がパリコレモデル目指しして奮闘する漫画とのこと。

実際90年代に、背も低くガリガリの体で(当時としてはかなり痩せ身)、美人とも言い難いケイト・モスがトップモデルに躍り出たということがあったので、

f:id:syandery:20200401210730j:plain(ケイト・モス)

もしかしてそれを土台にしたストーリーかな?と、気になって無料分を閲覧。

まあ、主人公は全然ケイト・モスとは違う感じでしたが(;^□^)

主人公がパリコレモデルを目指すエピソードと同時進行で、同級生の貧しい母子家庭の男の子がデザイナーを目指して奮闘する。どちらかというとそっちのストーリーのが面白味を感じました。

ファッション業界の非現実な世界とか、芸術を追求する人たちの厳しいしのぎあいとか、特殊な世界を覗き見る好奇心も刺激されましたが、意外にも『いいセリフ』がけっこうあったのでした。

 

「好きの先に何か見つけねーと、待っているのは挫折だけだぞ」

f:id:syandery:20200401210718j:plain

 

「誰かの犠牲の上に夢かなえたって、私はなんにも嬉しくない」

f:id:syandery:20200401210723j:plain

 

「デザイナーの多くは『自分』を大切にするんです。客に媚びるとデザインがブレるからと。ただ彼は違う。『要望を聞きいれるのは当たり前。そこから2段階上のモノを提示する。その2段階には必然的にHazime Yanagidaだけの価値が生まれる』」

f:id:syandery:20200401210727j:plain

 クリスチャン・ディオールのショウの黄金期を築いたジョン・ガリアーノを思い出す…。雇ったブランド側の意向も取り入れつつ、自分の才能も上手く融合して、印象深いデザインを次々に発表していたのになぁ・・・

f:id:syandery:20200401234101j:plain

 漫画のほうは上手くいってほしいですね…

 

そうそう

基本、無料で漫画を閲覧していますが、50%OFFのキャンペーンのときに、もう一度読みたくても現物が手に入らなくなっていた「ザビエル山田の愛の泉」を3冊分買いました。ところで、この漫画を知っている人に私は出会ったことはありません…f:id:syandery:20200401210743j:plain

 作者のザビエル山田さんも、漫画だけでは食べていけなかったのか、建築現場で溶接工をしながら漫画を描いていたとのこと。”規格外の人たち”を描かせるとなんともしょっぱくて良い感じ面白かったのになぁ。もうちょっと注目されていても良かったのに~

 

「だれだーオレの頭に電波をとばすのはだれだー、だれだーいったい誰なんだー」

「あっ、あっ、あの人です」

「そーか お前か、お前だったのか~~」

「ア…アワワワ…」

f:id:syandery:20200401210748j:plain

 「受信料 払いにきました」

「ど…どうも…」

狂気に満ちた表情に注目(笑) とにかくイッちゃってる人の目を描かせるとザビエル山田さんの右に出る者はいない(笑) (ブリーフにシャツをインしたスタイルにも注目)

 

小学生(笑)

f:id:syandery:20200401235756j:plain

f:id:syandery:20200401210739j:plain

 この漫画に若いころから感銘を受けていた自分は、すでに昔から中身がおっちゃんだったのだと、いま振り返ります。

感じ入った漫画のキャラクターがもっと素敵なヒロインとかだったら、今ごろもっと違う人生を歩んでいただろうか・・・。いまやザビエル山田さんに変な目つきで描かれて漫画に登場しても違和感のない、立派な変人に仕上がりました。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

読んだというわけではありませんが・・・

 

なんじゃこれ・な題名の漫画が…「中国・冥婚ビジネス」怪しい表紙イラストともに、気になる・・・

f:id:syandery:20200401210754j:plain

これは無料じゃなかったので読むことができず…。とりあえず試し読みの数ページを見たところ

いちおう、そういう歴史風習の事実に想像を膨らませて味付けをしたっぽい様子。

f:id:syandery:20200401210759j:plain

儒教だった昔の中国(一部地域?)では、夫が死ぬと妻も死ななければいけなかったという時代もあったそうだし、未婚で死んだ息子が墓に入れてもらえないから、他の死体と結婚させるとか、無いでもなさそう・・・

 

 

f:id:syandery:20190903140207j:plain

 結論。

歴史物漫画は部分的に勉強にはなるけれど(衣食住とか風習とか)、めちゃグロ及び残虐。まる

(今回の漫画読書で学んだことはこれが全て…)

花見。田舎は桜を独占できます

山陰の残念な天気と、私の安スマホの残念クオリティ写真で、人がいなくて嬉しいのか残念なのかわからない、田舎のその辺の桜の状況をリポートします。

 

3月21日。桜のつぼみがピンクに色づき始める。

f:id:syandery:20200329141803j:plain

東京や近畿の知り合いの話を聞くと、どうも松江の開花状況のほうが遅いみたいです。とはいえ、松江市はめちゃくちゃ範囲が広いので大根島まで含まれてる(笑))、市内でも北のほうのうちの所は遅いのかも知れません。

 

 翌日の22日、ツクシがりに行きました。

f:id:syandery:20200329141807j:plain

見た目、良い感じの採れごろだと思っていたのに、

よく見ると軸の部分がすでに茶色くなってとうがたってたりしてました。

f:id:syandery:20200329141811j:plain

生えてきたと思ったら、あっという間にいたんでしまった感じです。これも暖冬の影響なのかな。

 

捨てられた空き缶のプル部分から芽を出すツクシ。

f:id:syandery:20200329141816j:plain

松江に来た当時、ゴミと雑草の多さに驚きましたが、なんかもう見慣れてしまいました。どこかふと覗くと、たいていゴミが散らばってます。想定内。

 

なんとか若そうなツクシを選んでこれだけ収穫しました。

f:id:syandery:20200329141821j:plain

 

でもやっぱり例年より少なかったです。佃煮にすると『鍋の底にちょっと』になってしまいました。

f:id:syandery:20200329141825j:plain

 

また話は桜から脱線しますが(つぼみのままで変化がないので)

23日

今年はジャガイモと長ネギを植えました。

f:id:syandery:20200329141829j:plain

残ったスペースにはオクラを植える予定です。ど素人向けの作物ばかりです。

へったくそな長ネギの植え付け(笑)

f:id:syandery:20200329141832j:plain

翌日見たら、周りの土が崩落して早くも半分くらい土中に埋まってしまってました。

 

25日

つぼみがピンクいので何となく桜感が出てきました。

f:id:syandery:20200329141836j:plain

この日だけは珍しく天気が良く、快適なお散歩日和でしたが、まあ人のいないことよ。

 

よぉ~く見ると、ちょこんと咲いている桜がたまに居てました。

f:id:syandery:20200329141840j:plain

0.1分咲きといったところですね。可愛い。このぐらいの期待感、恋愛でいうと「もしかして付き合えるかも?」ぐらいのワクワク感がいい感じです。

f:id:syandery:20200329141844j:plain

いまにも咲きそうなこの期待感よ。

 

26日

また残念な天気に早戻り。

f:id:syandery:20200329141848j:plain

 前日の、お天気の中で見るつぼみと、薄暗いしとしと雨の日に見るつぼみの印象の違いよ。ちょっぴり咲く桜のあの可愛さも、この天気の中では可哀想に見えるのだから不思議です。

f:id:syandery:20200329141852j:plain

 

27日

ふわっといくらか桜が咲き始めましたが、残念な雨天。

f:id:syandery:20200329141856j:plain

人が居なすぎて、

あれほど警戒心の強い田舎の水鳥が上がって来てるじゃないですか(スマホなので残念なズームですすみません)

f:id:syandery:20200329141901j:plain

 

28日。昨日ですね。

早い桜なら4分咲きぐらいになってきたので、久々にデジカメを持って出ましたが、雨のうえに風。あ~あ。

f:id:syandery:20200329141907j:plain

お天気でも、犬の散歩をしている人とたまにすれちがうぐらいのところですので、天気の悪いこの日は人影もありません。

f:id:syandery:20200329141918j:plain

ちょっと朽ちてきてるけど、ベンチも座り放題ですよ…(土曜日の昼下がりなのに)

思うに、お花見デートをしてみたくても人目のあるところになかなか出られない有名人の方々は、山陰でデートすればいいと思うんですよ。誰も居ないし、たまに誰かとすれ違っても気づかれませんから(人の顔まで意識してない)。まあ、交通の便と天気が悪いのはあれですけど(笑)

f:id:syandery:20200329141911j:plain

都会ではほぼ不可能な人が映らない写真、撮り放題。

f:id:syandery:20200329141915j:plain

ちょっと寂しい雨天の桜も、雨もしたたるいい桜・ってことで。(こういう諦めと開き直りの精神が、田舎相応になった自分を感じる瞬間)

 

 オオバンとカモがかなり上まで上がってきています。

f:id:syandery:20200329141923j:plain

せっかくのお食事を邪魔しちゃ悪いので、遠くからズームで写真を撮り、そっと横の道へ降りました。

 

 

今日(29日)はまだ出かけてませんが、相変わらずお天気悪いので、花見のワクワク感無し。う~ん、庭をいじる気にもなれん。

ということで、

今日はPC前にブログ作業。

f:id:syandery:20200329141927j:plain(庭のブルーベリー)

 

今日は日曜日だけど、まあ、見ごろの桜並木でも人はほとんどいないでしょうね…

なんか、これは良いんだか悪いんだか (´v`;)

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

〇庭のブロッコリー

 

2月3日

去年バッタに葉を食べられすぎて、芯だけになって冬を越したブロッコリーが、ちょっぴりできていて驚き。(すっかり死んだものかと思ってました)

f:id:syandery:20200329141943j:plain

 

 3月16日

おおっ、大きくなってきたではないかっ!これはもしかして、食べられる大きさになるかもしれないぞ?!

f:id:syandery:20200329141947j:plain

 

 

・・・と思ってたら、

 

26日

花が咲いちゃいました~

f:id:syandery:20200329141952j:plain

ざんね~ん!

モタモタの回復呪文、再び。

先日のことです。

f:id:syandery:20191124231415j:plain

いつも最後にお風呂に入る私は、お風呂からあがる時に風呂マットと風呂イスを壁に立てかける作業をします。マットなどをひいたままだと乾かないですからね。

うちのお風呂は狭いので、マットの周りに自分が立って、マットを持ち上げるスペースがありません。つまり、けっこうマットでお風呂のスペースがいっぱいいっぱいなんですね。

なので、浴槽から手を伸ばしてマットと風呂イスを持ち上げます。

f:id:syandery:20200326211736j:plain

この日もいつもどおり、マットと風呂イスを持ち上げ・・・

ようとした瞬間、

足がツルーンと後ろに滑って、体が前に倒れるように転倒。

両手がマットとイスでふさがっていたので、手をつくこともできず・・・

浴槽におもいっきり左胸を打ち付けてしまいました

上手く絵に描くことができなかったのですがこんな感じ?

f:id:syandery:20200326211739j:plain

 全体重を乗せた状態で胸を打ったので、激痛でした。

すごく痛いんだけど、だけど、深夜。打ち身だからといって病院に行くわけでもなし。家に打ち身を緩和する湿布薬があるわけでもなし。

ただただ痛みにぐぬぬぬ…となっているしかなく、しばらく浴槽の中でフリーズしていました。

その時ふと、〖モタモタの痛みを和らげる呪文〗を思い出しました。

前に記事に書いたことがあるのですが

 「モタモタァ⤴」と、尻上がりの調子でこの言葉を唱えると、頭痛や関節痛がわりと素早く緩和されるのです。

深夜の浴槽に一人、もう本当にどうすることもできなかったので、藁をもつかむような思いで「モタモタァ」と、打った左胸に向けて呪文を繰り返しました。

独り深夜の風呂場でモタモタァと謎の呪文を繰り返す様子は、客観的に考えると怪しすぎて自分でもドン引きレベルです…

f:id:syandery:20200224220822j:plain

痛みが緩和することを期待してしばらく呪文を唱えていたのですが、打ち身にはこの呪文は有効ではなかったのでしょうか?俄然、胸は痛いままです。

残念…

しばらくして気持ちが落ち着いてくると、左の骨盤とひざにも痛みがあることに気が付きました。胸の痛みが大きかったので気が付きませんでしたが、骨盤やひざも浴槽に打ち付けていたようです。

f:id:syandery:20200326211743j:plain(骨盤の出っ張ってるところを打ってました)

簡単にそちらにもモタモタの呪文を唱えておきました。

 

ところで

ちょっと気になることがありました。

 この、お風呂で転倒したその日のこと。浴槽でちょっとウトウトと半分眠った状態になってしまいました(疲れているとよく脱衣所や湯船で寝てしまう)。自分でも半ば寝てしまっていることに気付かず、夢うつつでボ~ッとしていたのですが、どこかからともなく女性の声でお経を唱える声が聞こえてきました。歌うようにビブラートをきかせた、なかなかに玄人なお経です。

 「なんだぁ?なんか歌?かお経みたいなもんが聞こえるな…」

と、寝ぼけて思っていたのですが、

 「ちょっと待て、ここは風呂場。深夜にそんなものが聞こえてくるわけないやん!」

f:id:syandery:20200312151404j:plain

冷静にその事実に気付くと、ハッと一気に意識が覚めました。

その瞬間、パッとお経のような声も消えました。

いつものドリームボイス(リラックスしている時に聞こえてくる何かの声)よりも、なんだかとてもクリアーに頭の中に聞こえていたことにも気づきました。

お経が聞こえて来るなんて、何だか怖・・・、と思いかけて、慌てて否定しました。いやいやいや、べつにホラーな意味とかじゃないでしょ・と。(怖がり)

 でも

胸を強く打ち付けて亡くなった人の話をいくつか聞いたことがあります。

私は小胸ながら、今回かろうじて転倒時に浴槽に引っかかった胸がややクッションの役割を果たしてくれ、心臓よりも下の位置を打ち付ける結果となりましたが、これ、男性のようにまったく胸が無かったら、打ち付けていたのはちょうど心臓ではなかったか?と、何だか思えてくるのでした。

f:id:syandery:20200217230833j:plain

それに、若いころに連日みた不気味な夢のことも思い出しました。

すりガラスの向こうに誰かの遺影があり、どこからともなくお経を唱える声が聞こえてくる。目の前のすりガラスがスーッと上がってゆく。遺影の写真が誰だか見えてしまうのが怖くて目を背けたいのに、目線を反らすことも目を閉じることもできない。

f:id:syandery:20191109005711j:plain

嫌だ嫌だと思いながらも、遺影の写真を見てしまう。そこには着物を着てちょっとはにかんだ女性が写っていた。見覚えのある気もしたが、誰だか知らない人だった。

そしてそれから年月が過ぎ、自分もいくらか顔に若さが無くなってきた時にハッと気づく。「あの写真に写っていたのは(未来の)自分だったんだ」と。

 そういえば

あの遺影写真の自分は、年齢的に今の自分ぐらいじゃないだろうか…と。

もしかして、何でもないちょっとしたドジなエピソードのようでいて、実は私はこの時死んでいた可能性もあったのではないか?あるいは、同時に存在する他の宇宙の自分は、この時死んでいたのではないだろうか

などと、ちょっと考えてしまいました。

f:id:syandery:20191109005652j:plain f:id:syandery:20191109005656j:plain

 真実は霧の中・・・

(いつのタイミングであろうと死は受け入れるつもりなれど、突然死というのはちょっとご勘弁願いたいと思っているのです。自分の身の回りのものを整理してから逝きたいので、1年ぐらいは整理する時間的余裕希望(笑))

 

話はそれますが

 先日、フィギュアスケートアイスダンスで、何度も日本代表として出場されていたクリス・リードさんが、30歳という若さで突然亡くなられ、思いもよらぬ訃報にただただ驚くことしかできませんでした・・・。病気だという話も聞いたことが無かったし、日本代表になるほど体も鍛えられている方なのに…

f:id:syandery:20200320202959j:plain

この「心臓突然死」っていったい何なんだろうと検索したところ、

「心臓突然死とは、健康だと考えられていた人が、突然に致死的心室不整脈に見舞われて、心臓が正常に収縮することができなくなり、脳に血液が循環せず死に至る疾患」

とのこと。

なんと、国内でもこの心臓突然死で年間6~8万人の人が亡くなっているのだということを初めて知りました。

毎日不整脈があるのに、何だかんだ今日も元気に生きのびている自分は、けっこうしぶといのかも…と、ちょっと思いました。

f:id:syandery:20200320203002j:plain(綺麗だなと思って保管しておいたクリス・リードさんとキャシー・リードさんの画像)

クリスさんは、お姉さんのキャシーさんと共に大阪でアイスダンスの後裔を育てようとして下さっていたとのこと、クリスさんがフィギュアスケート界に残した影響、その遺伝子が、日本の未来のアイスダンサーを生み出してくれることを願います。

f:id:syandery:20191029192122j:plain

 ……………………………………………

 

と・こ・ろ・で

そうとう強く胸を打ち付けた(と自分では感じた)ので、明日になればヤバイほどデカくてエグイ色をした青タンができるのではないか…と、怖れ半分、興味半分(笑)

 このぐらいの青タンができているのではと予想。

f:id:syandery:20200326211746j:plain

 

意外にも翌日、脱衣所で打ち付けたところを確認するも全く無傷だったという驚き。そういえばお風呂からあがって以後、痛みも全くありませんでした。こんな奇跡って??

もしかして、

モタモタの呪文は、その時は痛みは取ってくれなかったけど、時間差で治してくれていた?? (呪文が足らなかったのか、骨盤だけはちょっと青タンがありました)

でも、2~3日たってから痛みが出てくることとかもあるしなぁ~と、驚くことを保留して、また翌日、お風呂前に脱衣所でチェック。

青い血管が浮き出てる?程度にうっすらとした青味は確認できましたが、その翌日も、翌々日も、それ以上にはなっていませんでした。何といっても、とにかくさわっても痛みが全く無い。

f:id:syandery:20200326211749j:plain

これはなかなかに奇跡だと言っていいのでは??

 

 他の人にこの『モタモタの呪文』を実践してもらったことが無いので、人におススメしていいのか分かりませんが、自分には効き目のそこそこある、けっこう不思議な呪文です。

ァ⤴

 と、語尾にいくほど音が高くなっていく音で、女神さまのように高くて明るい可愛い声をイメージして唱える。たったこれだけです。

f:id:syandery:20200224220819j:plain

体のどこかに痛みが出たとき、その部分に呪文の声を聞かせるように唱えるんです。湿布薬も何もなくて手を施せない時など、声をかけるだけで良いので便利です。

ただし、人目がある時は恥ずかしくて呪文を唱えられないので、心の中で痛みの部分に向けて呪文を唱える(笑)

 

 もしよければ、誰か実践してみて感想をお聞かせください(笑)