オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

隠岐の旅⑧ 島前 ⇒ 島後 しみじみる。




・*:.。. .。.:*・゜゚・*


牛馬の放牧されたのんどり国賀海岸から港に戻り、
イメージ 1
島前から島後に船で移動しました。


別府港ゲゲゲの鬼太郎がふんだんに盛り込まれた港です。
イメージ 2


一反木綿(いったんもめん)目玉おやじがお見送り。
イメージ 3
ところで、隠岐島根県ですよね?
で、
ゲゲゲの鬼太郎の作者さんは
鳥取の方じゃなかったでしたっけ?(笑)


船の入り口でお出迎えしてくれるのは
ネズミ男のぬいぐるみ。
イメージ 4
微妙に似てなくて可愛い(笑)


さらば島前。
イメージ 9
もうなかなかここまでは来れないでしょう。
イメージ 5



航海中、見えてきたこの島は軍艦島(ぐんかんじま)というそうな。
あの世界遺産になった有名な方の軍艦島ではありません。
イメージ 6
名称の由来は、形が軍艦に似ているからという単純明快な理由。
戦時中、この島を敵の軍艦に見立て、
大砲を撃つ練習をしていたと教えてもらいました。
もしかしたらこの島に
そういう残骸とかあるでしょうか?



なんだか神秘的な島が。古来から手つかずの島でしょうか。
イメージ 10
木の葉人や本土から来た神々、流刑の人々…
多くの人がこの島を、いろんな思いで見たのかな。
しみじみ。
イメージ 11



日が暮れてきました。淡い夕焼け空が船の上に広がる。
イメージ 12



なんだか「神話の時代」っていう感じ(?)
イメージ 13



島後が見えてきました。
イメージ 14


ここにもうなび山がありますね。
イメージ 15
古い古い時代、日本にはたくさんの神々がいましたが、
その神々は山の中に入ったといいます。
だから日本の山々には神がおわすのだという。



島後西浦港が見えてきました。
イメージ 7
赤いブリッジが見えます。島前よりいくぶん都会のようです。



船は西浦港につき、そこで食事をしました。

隠岐に居る、おばちゃんの親戚が居酒屋に案内してくれ、
一緒に食事をしたのですが、
ほんの3年ほど前まではずっと大阪で暮らしていたそうです。

話を聞いていると、どうも大阪の大きな企業の社長の愛人を
長年されていたようで…
その親戚の方がけっこう有能で会社を大きくしたようです
(;゚д゚)

社長はとっくに奥さんと離婚していたそうですが、
その娘さんが再婚を許さず、
結局、40年も愛人のまま。
子供もおろさざるをえなかった・と。

それでも、後悔はないとのこと。
いろいろな所へ行き、普通では経験できないような贅沢も経験した。
人生をふり返り、とても自分は幸せだったと。

幸せとは、「そこにある」ものではなく、
「ここが幸せである」と思うこと
なのだなと、何故か隠岐でしみじみしたのでした。



さて、
西浦に居るおばさんの親戚の方とはそこで別れ、
タクシーで大久という所に向かいました。
イメージ 8
先ほどの叔母さんの親戚とはまた別の、
隠岐在住の親戚の方のおうちに一泊させてもらうのです。
(ちょっとややこしい?)


大久とはなんと、奇遇にも
海人が一番最初に隠岐に上陸したという場所ではないですか。
イメージ 16


あ、でも真っ暗で景色が何も見えません(汗)
翌朝、景色を見てみようと思います。



ちょっと関係ない話?ですが、
タクシーの運転手さんに、隠岐固有の動物は居ないか聞いてみました。
すると、
隠岐ウサギという隠岐にしか居ないウサギがいる・と。
イメージ 17
隠岐ではクマやシカなどの大きな動物は居ないそうで、
それは何故かというと、
島が小さいから大きな動物がいると
あっという間に植物を食べ尽くしてしまい、繁殖できないそうで、
で、
ウサギより大きな動物は居ないのだそうです。

なるほど~。

で、帰り際、
運転手さんがたまたま見かけて撮ったという
自慢の隠岐ウサギの写真を見せて下さいました。

イメージ 18
グレーで、細くて、足の長いウサギです。
野ウサギ特有の体形ですね。


・*:.。. .。.:*・゜゚・*


そして、
大久のおばさんの親戚のおうちに到着。

われわれ家族とおばさんは居酒屋で食事してしまったのですが、
お食事を用意して下さっていまして…

80も越えたおばあさんがこのような立派なお食事を。
イメージ 19
ウミウシやナマコなど、漁港の人ならではの食材もあり、
また、おばあさんが畑で収穫した大根を干して作った煮物など、
これぞ日本の正しい食事!
という素朴贅沢なごはんに感動です。

イメージ 20
おばあさんは肉を一切食べないそうで、
まあ昔の田舎の人は肉ってそんなに食べなかったですよね。
私も肉を食べなくなって2年半。
たいへんお通じが良くなり、皮膚病も良くなってきています。

おばあさんも80を超えるというのに、
息子夫婦と孫たちの食事、洗濯などを担い、
離れた場所にある畑へスクーターに乗って行き、
畑仕事をするという元気さです。

イメージ 21
日本人が長い年月食して来た
野菜やお魚、煮物中心の食事は
やはり日本人の体に合うのではないでしょうか。
(一応、表向き、鎌倉時代から肉食は禁止されていましたし。)



この8月の時期、ちょうど隠岐
シロイカの捕れる時期だったようで、
息子さんはイカ釣りに出かけておられました。
そして、イカを持って帰ってこられ、
捕りたてのイカを出してもらったのですが、
イメージ 22
食べようと箸を近づけた時、
イカの赤い点々模様がウニョウニョ動いているのに気づいて
ビビりました (;゚д゚)
(京都市は内陸で、新鮮な魚介からは縁遠かったので。)


・*:.。. .。.:*・゜゚・*


しかし、もっと驚いたこと…
というか、
個人的に好奇心をそそられてガっついたのが、
息子さんの目がブルーグレーだったこと!

見た目は普通のアジア人のようなのに、
目の色が、本土じゃ見たことない目の色なのです。
イメージ 23
息子さんはそれこそ子供の時など、
外国人の子供のような見た目だったそうです。

そういえば、
おばあさんも彫りが深くてぱっちりとした大きな目。
その親戚である、
今回旅を案内してくれているおばさんも、
彫りが深く、目も大きい大変な美人です。


こ・これは…
イメージ 24
縄文人の特徴…!!

そう、
縄文人は、現代の〈新モンゴロイド〉ではなく、
容姿が限りなく白人のそれに近い〈旧モンゴロイドなのです。

大和政権と最後まで戦った東北の戦士アテルイ
実は金髪碧眼だったという説は
以前紹介させてもらったことがありました(そういえば)。
イメージ 25


何故、隠岐に旧モンゴロイドの特徴を持つ人が?
やはり、
最初に隠岐に入ってきた木の葉人の人たちは
縄文人だったということでしょうか?
イメージ 26

念のため、おばあさんにそれとなく
一族は昔から隠岐に居たのか聞きましたところ、
「ずっと隠岐の人は隠岐の人と結婚してきた」
とのことで、
息子さんの代まではかなり純粋な隠岐人のようでした。


いずれにせよ、
イメージ 27
隠岐はそれほど大和民族の影響を受けず、
わりと縄文人の血が残っていた
ということではないかと…。
そう思うとしみじみします。


ちょっとこの話は
また後で追及したいと思います(笑)


・*:.。. .。.:*・゜゚・*


で、

翌朝、大久の地域を散策してみました。


大久の地元の方々が手を合わせる神社です。
ちょっと神社名、御祭神は分かりませんでしたが。
イメージ 28


子供が生まれて30日経ったらこの神社に連れてくるんだと
おばあさんは言っていました。
今でもその伝統は続いているのかな?
イメージ 29



神社のすぐ前には大久の港が。
イメージ 30
個性的な形の小島が目につきます。


隠岐に初めて上陸したという海人の長も
この小島を見たのでしょうか。
イメージ 31

身体は刺青だらけだけど、温和で
木の葉人と仲良く暮らしたという海人の人々。
イメージ 32
釣りの仕方などを教え、
隠岐の人口を増やしたという。

ここからそれが始まったのかな?
なんだかしみじみします。