オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

79.不穏のうごめき

イメージ 1

不穏のうごめき

----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*

アレクサンドロス

父、フィリッポスはさらに野望を広げんとしていた。

古来ギリシャ人が住んでいたエーゲ海沿岸を
ペルシャ帝国から奪回し、小アジア支配下に収めようと。

だが、突如として終焉は訪れた。
戦争の準備中にフィリッポスは家臣に襲われ世を去ったのである。

急ぎ、新王にアレクサンドロスが就くも、
若い王の即位に反対する勢力が別の王子を担ぎ上げた。

アレクサンドロスは軍務を共にした親しい貴族の力をかりて
それらを排していった。

が、そのどさくさにまぎれて北のトラキア地方が反乱を起こす。

トラキアを平定すべく軍を北上させると、
今度は南のアテネやテーベが反旗を翻した。
父の築きあげた同盟が崩れ去らんとしていた。


アレクサンドロスの行動はすばやかった。

トラキアの反乱を鎮圧すると、すかさず南のテーベへと襲い掛かり、
たちまち降伏させてしまったのだ。

テーベへの制裁は容赦なく、街は破壊され、
生き残った人々は奴隷として売られた。
それを聞いたアテネは許しを乞い、再びギリシャの同盟が回復した。


----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*----*


気持ち悪いきりがみ作品になりました(^_^;)
史実を主題にすると、どうしてもネガティブなものも
作らねばならなくなりますね