オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

肉食をやめるタイミング


お肉(牛・豚・鶏)を食べるの、やめました。
イメージ 1
2年ぐらい前から、
体調の悪さも改善されないことだし、
消化に悪いお肉は食べるのやめた方がいいよね~
と、思いつつ、
やはり家族と一緒に食事をしていると、
自分だけ違うメニューにすることも難しく・・・。

ただでさえ野菜嫌いなので、
じゃあ肉をやめたら何を食べるの?と。

う~ん、難しい・・・。

難しい・難しい。

とりあえず、好物の鶏肉は後回しにして、
牛と豚をやめられたらいいかな~・・・。
イメージ 2
などと、
クヨクヨ考えるだけ考えていたのですが、
やめるきっかけは実に簡単でした。

サラダが嫌いな私ですが、
その日のサラダにはシーチキンが入っていて、
食べやすかったのです。
で、
「じゃ、今日は肉は食べなくていいかな?」 と。

ここしばらく、
きょうだいの家族も同居なので
大皿にサラダとか肉が別々に盛ってありまして、
食べたい物だけとって食べられる状況でした。
イメージ 3
次の日も、次の日も、
大皿にシーチキンのサラダ。
焼きそばも、
そばだけすくい取って肉をシャットアウト。

そんな感じで、わりとあっさり、
『今日はできる』
という雰囲気に乗じてやりはじめ、
そのまま1ヶ月、
何の未練もなく肉抜き生活をしています。

イメージ 4
卵や魚、乳製品はまだ食べていますが、
鶏肉は他の肉と同時にやめられました。

大好物だった熱々のフライドチキンを
目の前に置かれても(笑)
もう、別に食べなくていいや・と。

しつこく食卓にチキンを置かれましたが、
急にやめたわりには、
特に未練もなし。
もう一生食べなくてもいいよと。

イメージ 5

あ、でも、
何か最後に1つだけ、
好きだった肉製品を食べてみよう・と思ったのです。

最後に何が食べたいかなぁ~。
と、数日考えていたところ、
そうだ!
何年も食べようと思って食べる機会のなかった
アメリカンドックを食べよう!
と。
そして、外出の帰り、
おなかペコペコの状態でコンビニに入り、
熱々のアメリカンドックを買って
外の立ち食いテーブルで食べました。

が!

なぜか、
外側の衣の味しかしないのです。
目で確認しましたが、
ちゃんとソーセージは入っています。
もう一度注意深くソーセージをかぶってみましたが、
全く味がしない!
イメージ 6
よく分かりませんが、
もう肉に対する味覚みたいなものも
無くなっているかのように感じました。

それで、もう
完全に肉食への未練がなくなったのでした。


イメージ 7


食事を減らしたいとか、
甘い物をやめたいとか、

やめたくてもなかなかやめられない、
ということはあると思います。

もしかしてそれは、
やめなければという無理な意志で始めるから
食べたい気持ちとやめなきゃという気持ちで
葛藤がおこって苦しいとかではないかと。

もし、
そうする必要があるなら
体のほうからGOサインが出るのかもしれません。
そういうサインを見逃さず、
それに乗じれば、
無理なくやめたいものをやめられる、
なんかそんな気がしました。

イメージ 8