オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

京都・大原⑦ 梶井宮墓地



道中、地図を落として大ピンチ
から
陵墓の管理をしている職員さんに案内してもらえる
という、ありがたい親切にあずかる展開に☆

天皇陵から、皇子や王が埋葬されている陵墓へ向かいます。
イメージ 1
目の前には勝林院が。
この勝林院の敷地内に陵墓はあるのです。

受付で陵墓の職員さんが
「陵墓が目的だから」と交渉してくれているようでした。

天皇陵・陵墓によっては
有料のお寺の敷地内にあることがあるのです。
天皇陵だけ見たい」という人がたま~に居るので、
そういうところの受付の方もその場合は
あ~はいはい、と通してくれることもあります。


職員さんに「どうする?お金払ってお寺観る?」と聞かれ、
値段を見ると300円ほどだったので、
とりあえずお金を払うことにしました。
500円だったら観光を断念して陵墓だけ観たと思います(笑)


勝林院の入り口を右に曲がり、
奥の、山に続く道に職員さんはサクサク歩いていきました。
イメージ 2
立ち入り禁止ゾーンの中に職員さんが案内してくれました。
ラッキー、普通では入れない所に案内してもらえたんだー!

職員さんいわく、
勝手に侵入する人もいるそうですが・・・

山道をサクサク行く職員さん。
イメージ 3
速くてなかなか写真を撮っていられません(笑)


「この穴はイノシシが掘ったやつや。」
イメージ 4
時に野生のイノシシやシカがここまで来るようです。
一人で入るのは危なそうです。

苔むした石階段の上に、陵墓特有の石の柵が見えてきました。
イメージ 5


美しく整備されたそこには4基のお墓が。
イメージ 6
三千院は由緒正しい門跡寺院(もんぜきじいん)なのであります。
門跡寺院とは、
皇子(天皇の御子)、あるいは(皇子の御子)が継いだ寺院です。
天皇の血縁の人が直接入る寺院というのは、
それなりの格式なのです。

この墓地には三千院を継いだ4名の皇子・王が埋葬されているのでした。


簡単にその4名について検索してみました。
イメージ 7
〔梶井宮墓地〕 左から、

常仁親王 / 常仁入道親王(じょうにんにゅうどうしんのう)
1752-1772江戸時代中期。
有栖川宮職仁(ありすがわのみやよりひと)親王の第6王子。
明和8年、阿闍梨(あじゃり)。←とありましたが、
阿舎利さんの行を成し遂げた?!
阿舎利さんの行って命がけのすごいものですよΣ(゚Д゚)
しかし阿舎利になった翌明和9年、22歳で死去。

慈胤法親王(じいんほっしんのう)
1617-1700 (82歳?!) 江戸時代。御陽成天皇の第十五皇子。
承快法親王のあとを受けて、三千院を継いでいる。
茶道や書・和歌に秀でていた。
(画像は父の後陽成天皇)
イメージ 8


道仁親王 / 道仁入道親王 (どうにんにゅうどうしんのう)
1689-1733 江戸時代中期。
伏見宮貞致(ふしみのみやさだゆき)親王の王子。
三千院で慈胤(じいん)入道親王↑に師事。
宝永5年一身阿闍梨(あじゃり) ←この方も阿舎利さん?!

叡仁親王 / 叡仁入道親王(えいにんにゅうどうしんのう)
1730-1753 江戸時代中期。
有栖川宮職仁(ありすがわのみやよりひと)親王の第2王子。
三千院門跡(もんぜき)をつぐも24歳で死去。

イメージ 9
正直、
次期天皇の皇子以外は将来ライバルになってもらっては困るから
都から引き離して、こどもをつくれない僧侶にしておこう・・・
という思惑もあったんだろうなぁと。


さて、
勝林院内の墓地はもう2か所あるのです。
めちゃくちゃザックリですが、
歩いた感じではこんな地理ではないかと思うのです↓
イメージ 10

まずは入口右の陵墓へ行きましたが、
勝林院の左奥につづく山の中にも陵墓があるのでした。
イメージ 12

「もう一か所ある陵墓に…」
と言ったら、職員さんに
「えっ、そっちも行くの?」
と言われたけれど、
ここまで来て行かない手もないでしょう(笑)

そして、職員さんは勝林院奥の墓地にも案内してくださったのでした
(;^□^)


いっけん、見落としてしまいそうな奥の石階段。
イメージ 11
職員さん、またしてもサクサクと行きます。

けっこう山の中だなぁ。
イメージ 13
職員さんが速すぎてついていけない(笑)

まだ奥なんですか?
イメージ 14

「ここシカが時々出るんですよ」
イメージ 15
すっかり山歩きの情緒ですやん・・・

そして一般の人たちの墓地の横を通り抜け、
イメージ 16
ついに陵墓が見えてきました。

〔梶井宮墓地〕
イメージ 17
えぇ~と、お名前が書かれた石碑の写真を撮れなかったので
どなたの陵墓かあいまいになってしまいましたが、
おそらくこちらのお墓は
有栖川宮織仁親王の御子の承真親王(しょうしんしんのう)
のものと思われます。

じゃ、と、職員さんが帰ろうとされたので、
「もう一つ陵墓があるはず…」
と言うと、またも、「え、そっちもいくの?」と(笑)

で、
くるっと陵墓の横側にまわると
その奥にもう一つの陵墓が。
イメージ 18
めっちゃすぐ横ですやん(笑)
これを行かずしてどうするのよと!

静かにひっそりとたたずむ御墓。
イメージ 19
後陽成天皇皇子の承快親王(しょうかいしんのう)
後水尾天皇皇子の盛胤親王(せいいんしんのう)
のお墓です。

承快親王は10歳で出家し、
19歳でお亡くなりになったのだとか…悲しくなってくる↓↓↓


三千院には計、7人の皇族のご子息が
継がれたということでしょうか。
家族からも人里からも離れ、
俗世からも切り離される生涯というのは
どういうものだったのかなぁ・・・
イメージ 20

さて、
せっかくお金を払ったので、
勝林院を普通に観光してみることにしました。

これが大正解。
ここはとても素晴らしい所だったのです!