オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

京都・大原⑩ 宝泉院 すごい松



勝林院にかなり満足したので、
さ~て帰るかなぁ~と帰途についていましたが、
勝林院横に、ああここも観光スポットだなとおもわれる
趣きある建物がありました。
イメージ 1
宝泉院さんね。
下調べ無しに来てしまったし、地図も落としてしまったので
どんな由緒の建物なのかよく分かりません。

拝観料も勝林院の300円と比べると
800円とちょいと高め?
お抹茶とお菓子は強制的に付いてくるのね?(笑)

う~んどうしよう、
見どころが何なのか分からないしなぁ~
イメージ 2
と、
貧乏人の私はみみちい事で悩んでしまうのでした。
(食事、雑費、交通費すべてひっくるめて1日の予算はいつも千円。
3000円使ったらあとの2日は基本、我慢。)


あぁ、でもここまで来たんだから思い切って見てみよう!
という、
そんなに覚悟のいらないことなのに
すごく思い切った感満々で(笑) 拝観を決意!


お寺かな? 和のお庭がきれいです。
イメージ 3


すると正面に帽子みたいな形の個性的な木がドーンとありました。
イメージ 4
何気にオーブ(光の球体)写真も撮れました。

ちなみに、
私はここ宝泉院でオーブの撮り方のコツをつかみましたので、
またその方法もいつか紹介できたらいいなぁと思います(笑)


扉が開いていたのでちょっと覗いてみると、
一本のたくましい幹が見えました。

イメージ 5
あわわ、この帽子型の木は
1本の大きな大きな木だったのですね!

写真ではこの大きさをお伝えできないのが残念ですが、
かなり剪定されて刈り込まれているのに、
周りをがぶっと覆うような堂々たる迫力なのです。


さて、建物の中にも入れるようなので、行ってみます。
イメージ 6
木の枝えだがいい感じに通路を横切っていて、
「計算された自然」の根気強さを感じました。
(西洋のように針金に植物をはわせるわけではないですからね~)


そして建物内。
イメージ 7
チリ一つないさっぱりとした簡素な空間です。


庭からさす陽が廊下に木々を描きます。
イメージ 8
なんだか子供の頃に行ったおばあちゃんの家、という感じがして
ちょっとノスタルジックな気分に。


天井には輿がかけられていました。
イメージ 9
画期的な展示方法です!
これはあたらしいディスプレイ法でしょうか?


廊下横の部屋にも入れます。
イメージ 10
掃除の行き届いたピッカピカの空間。

昔、丁稚奉公の人がたくさんお屋敷などにいた時代には
このように部屋はぴかぴかだったのかもしれません。


奥には囲炉裏?のあるお部屋が。
和楽(和の婦人雑誌)に写真が載っていそうな雰囲気!
イメージ 11
中国の人たちがこの部屋に来てわーーーっとテンション上がりまくりで
記念写真撮りまくってましたが、
外国の人からするとこの空間はたまらないものなのかも?


奥の庭も小さく美しくまとまっていて、これぞ和の庭園。
イメージ 12
写真には写していませんが、
この庭にも2人の従業員の方がせっせと庭の掃除をされていました。

常に、掃除!手入れ!
和の庭園は1日にしてならず。

和風庭園って最高の贅沢だったんですね。


部屋にはこのような不思議な楽器が置かれていました。
イメージ 13
この鰹節みたいなのは石なんだそうです。
備長炭の木琴みたいな素朴な音でした。

大正時代とかのお金持ちのお屋敷に、
ちょっとした西洋(模倣)趣味とかで置かれてそうなイメージです。
「ばあや、これはおもう様が神戸の洋館で買ってこられたのよ」
みたいな(妄想)。


かなり楽器に気を取られて一人で遊んでいたのですが(笑)
従業員の方がさっと来られて、
「今お庭が、日が差してとてもきれいなんです。ぜひ見てください。」
と教えてくれました。

それは大変、美しい瞬間をぜひ見ておかなければ!
と、
石の楽器を閉じて、慌てて奥の庭が眺められるという部屋へ。


ここか、美しいお庭というのは。
イメージ 14
広い大きな広間でワイドにお庭が眺められます。

あ~しかし、
もう陽がほとんど陰っていて美しい状態の庭ではないのでは??


正面に見えるのは先ほどの木です。
迫力のある日本画のようです。
イメージ 15
説明書きを見ると、なんと、樹齢700年の五葉松だとのこと。
こんな巨大な松があるのか!
しかも自然にでっかくなった木ではなくて、
庭の松ですから、
何百年も手入れして手入れして、この大きさに育ってきたんですよね?

台風にも地震にも耐え、
戦乱にも焼かれず、
また
日本中を廃墟にした米軍の空襲からも逃れ、
病気や気候変動にも耐えて
700年。

すごいわ。良く生き延びてきたものです。


木は1000年生きると神になるとどこかで聞いたけど、
この木に生涯を捧げた人たちが居るのかと思うと、
もうすでに神の威厳を感じます。
イメージ 16


本当に大きくて、カメラに収まりきりません!
イメージ 17
でも全体を見なくてもいいんですよ。
この大きく力強い幹を景色として切り取って見るだけでも
その風格は充分に伝わってくるんです。

これが、
満開の桜を、一枝の桜で想像させることができる
和の感性なのではないでしょうか。


木のふもとの石灯篭。
イメージ 18
帽子飾りがパリジェンヌ風でおしゃれです(笑)


さて、拝観料にはお抹茶とお菓子がセットになっていて
この部屋に入るとそれらを用意してもらえるので、
どこに座ろうか考えていました。

従業員さんが、この赤いおざぶの置いてあるところが
偉い人が座る場所で、いちばん眺めが良い位置ですと教えてくださったので、
イメージ 19
普段ちっとも偉くないので(笑)
この位置について一瞬偉い人になることにしました。


お抹茶とお菓子です。
イメージ 20
お菓子をいただきながらぼーっと座っていると、
向こうから従業員さんの
「今一番お庭がきれいな時間帯です、ぜひお庭の方に~…」
と、
次々と拝観者をこの部屋へ導いている声が(笑)

あ~なるほど、
そういってサクサクとこの部屋に客を寄せて
さっさとお茶券をさばこうという作戦であったか(笑)
やられたなぁ~。

まぁそういう、京都人の目的をぼかしたまわりくどい言い方、
私は好きですよ。
(京都人なのにズバズバ言って嫌われる私からすれば。)


ところで、
松を眺められるこの美しい廊下の天井が
血天井だと後になって気づいてびっくりしました。
イメージ 21
血天井(ちてんじょう)
伏見城落城時に370人もの人々が自刃した、
その時の血が染みついた床です。
弔いのために天井にしたようです。

これと同じものが、三十三間堂のすぐ横のお寺の天井にもあり、
そこでは差し棒で
「この(血の)跡は誰々が切腹後、綺麗に横に倒れた跡で、
ここが頭部でここが~~~」
と、細かく説明してくださいます(´v`;)

切腹した人たちの遺体をしばらく引き取りに行くことができず、
かなり遺体の体液などが染みついていて~
という話だったなぁ・・・
イメージ 22
あのぉ~、
私、この写真を加工している最中も、今も、
なんだか胸が重くなったり頭部がぞわぞわして、
なんだか異変を感じてます。

ご供養が完了するには時間がまだかかるのでしょうか?

そういえば、
この宝泉院のお庭ではやたらとオーブ写真が撮れまくりましたが、
今思うとこの血天井の供養も若干関係あったのかなぁ?



そんなこんなで、