オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

切り紙のクリスマス小箱



先月から、色画用紙を使った箱作りに挑んでいましたが、
立体が苦手な私は
改良しても改良しても、
しょうもない失敗を繰り返していたのでした。
イメージ 1
ようやくちゃんとフタが閉まる六角形の箱ができ…たと
思っていたら、
結局、展開図がまた間違ってましたし(汗)

とりあえず、

もう12月になっちゃったので
箱の追及はまた後で真面目にするとして、
はやいとこ、
切り紙を箱に貼ったらどんな感じになるのか
見切り発車で試してみることにしました。


クリスマスモチーフの
ちっちゃい箱を作ってみたかったので、
イメージ 2
トナカイを下描きしました。

角がちっちゃくてムチムチのトナカイなので、
ちょっとトナカイには見えにくいかなー(笑)


けっこうちっちゃい切り紙です。
イメージ 3
箱のフタに収まる大きさの切り紙・ということで。


こんな感じで切れました。
イメージ 4
トナカイの切り紙


切り紙を展開しました。
イメージ 5
6角形折りなので、トナカイが6頭。
あたりまえですが…。


こんな切り紙です。
イメージ 6
中のモチーフは雪の結晶をイメージ。
トナカイと雪の結晶でクリスマスらしい切り紙になったかな?


さて、
切り紙にスプレーボンドをふって、

いざ、箱に貼りつけてみます。ドキドキ。
イメージ 7
箱にひとたび切り紙がくっついたら
もうはがせませんからね…
慎重に慎重~~~~に貼ります。


フタの上面を貼れたら、今度は切り紙を
サイドに貼り合わせていきます。
イメージ 8
ずれないように…ドキドキ…

うん。
何かちょっとずれましたけど、
そういうピッチリしすぎてないというのが
手作りの温かみとも言えます(よね?)。


切り紙のクリスマス小箱、出来たー。
イメージ 9



と、思っていたのもつかの間
(;゚ロ゚)


さ~て、
箱を閉めてみるべ~~♪
と、フタをしてみたら、


というか、いや、


フタが閉められなかった…!!

嗚呼、なんと、
間違って切り紙を内箱のほうに貼っていたのでした…
何という阿呆…
イメージ 10
フタをしたらこんなことに…
フタの底からトナカイが顔のぞかしてるや~~~ん!
(何か微妙に箱と切り紙が合わなかったのはそのせいだったのね)


まあ、相変わらずだな自分!
って感じですわ。

これでも昔よりちょっとは賢くなったほうなんですよ(笑)
(自分の中では数年後には普通レベルに上がっている予定です。)


イメージ 11
一日一馬鹿がマイライフなんですが、
この日は一馬鹿ならず、
何バカもやらかしました。


この日のことです。
数日、雨天に見舞われ洗濯の機会を逸していましたが、
ようやく晴れたので、あわててたまっていた洗濯をしました。

冬物パジャマのズボンは2本なので、
1本洗う時に、前に洗ったもう一本を出してきます。
さて、
前に洗ったズボンを出そうとしましたが、
所定位置にズボンがありません。

どこに置いちゃったのかな?

まあ、
所定位置にちゃんと置いてないこともままありますので、
思い当たるところをいろいろ探しました。
が、
何故かどうしても見つからない。

どぉ~~~~~~しても見つからないのです。

茫然として廊下でぼへぇ~~っと立ち尽くしていた時、
ふと窓の外を見て思い出しました。

そう。
前の洗濯時、干すときに、
裏ボアで分厚いズボンだからなかなか乾かないだろうと、
ハンガーにS字フックを付けて
窓の手すりにひっかけ、
屋根の上に乗せて乾かし、
そのまま1週間放置状態になっていたのです
イメージ 12
えええ
連日ふっていた雨にぬれ続けていたのか!!
(((╹д╹;)))


もしかして、
カビはえちゃってるかも…

と、
ドキドキしながら瀕死のズボンを救出し、
裏のボアボアしてる部分も確かめましたが、
その日、いいお天気だったこともあり、
なんだか大丈夫そうだと感じました。
というか、
お陽さんがあたってポカポカになっていて
むしろあったかそう。

・・・・・・。

さっそくはいてみました。

太陽の熱をいっぱいに吸収し、
ポカポカととても気持ちいい…。


ええ、そして
今、この時もはいてますとも。

イメージ 13
あったかいよ。
500円なのに強くて優秀なズボンです。
(縫えてない所いっぱいあったけどね)