オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

松江にて6月☆切り紙展示予定のお知らせ☆



イメージ 1
ひっさびさの
切り紙作品・展示のお知らせです☆


の、いちコーナーに展示スペースがあるそうで、
そこに、今年(2017年)の6月いっぱい
切り紙作品を展示してもらえる予定です!
(追加・6月1日からの展示になります)


私が作品を展示できるのは、
日ごろ、うちの玄関だけですので (;・ω・)
外に向かって作品をお披露目できるのは
数年に一度のことでございます。

6月いっぱいの展示予定ですので、
松江に居られる方、来られる方、
機会がございましたら覗いてやって下さい。


イメージ 2

山陰合同銀行 くにびき出張所 (松江) へのアクセス●

松江駅から北へまっすぐ14分という分かりやすさです。
イメージ 3



簡単に松江駅構内を図にしますと、
こんな感じになります。
イメージ 4

松江駅改札を出てすぐ北(右)に出ると、
その右側に一畑百貨店がどーんと見えますので、
駅と百貨店の間をまっすぐ抜けると、通りに出まして、
そこを北(左)へまっすぐに歩いて行くだけです。


イメージ 6
くにびき大橋という橋がすぐに見えてきますので、
そこを渡ってさらにまっすぐに歩いて行きます。


そのうち大きな十字路に出ます。
イメージ 5
左にケンタッキー・フライドチキンのお店、
右斜め前にはマクドナルドという分かりやすさです。

ケンタッキーフライドチキンの北にある信号を渡った
その角の白い建物が、
山陰合同銀行くにびき出張所です。

特に銀行のお取引が無くても
入って、見てもらうことは出来ますので
ご安心ください (^◇^)
(展示してあるだけですので!)

……………………………………………
営業時間 【窓口】9:00~15:00
℡ 0852-27-7200
……………………………………………

イメージ 7


さて、

いま、引っ越し以来
大量に物置に突っ込まれていた切り紙作品を出してきて、
どれを展示させていただこうか検討中です。

ダンボールから久々に出してきた、
(額縁に入れてない)中作品。
イメージ 8


額縁に入れていない小作品もたくさんありますが、
イメージ 9

銀行じゃちっちゃい物は目立たないでしょうから、
やはり展示するなら、大きな額縁入り作品でしょうか。


そうそう、
引っ越し前に作って、額装しないまま置いていた
ルネサンス」をこの機会に初お披露目したいと、
イメージ 10
額縁をオーダーしました。
どうしても「これ」という額縁があって、
今までもそのシリーズで額装していたのですが、
松江に来てそれが出来なくなったので、
初めてネットでオーダー注文してみました。

馬鹿なので額縁の規定サイズに合わせて切り紙を作れず、
結局オーダーメイドで高い額縁をつくる羽目に・・・。
(この金額があればプリンターやカメラも買えたのに…)

でも、
こういう機会でもなければ額装しませんから…。


はたして、
現物を見ないネット注文で上手く額装できるやら。
乞うご期待?



これらクリアファイルに突っ込んだままの作品も
額装して展示したかったのですが、
イメージ 11
アホなことに、全部、規定サイズ外・・・。
6つもオーダーの額縁など作れません・・・。
よって、これはまたの機会に・・・。


切り紙作品を入れた段ボールをゴソゴソいじっていると、
ほったらかしになっていた赤い龍の切り紙が出てきました。
合わないサイズの額縁に適当に突っ込んでました。
イメージ 12
このまま放置するとボロボロになりかねないので、


とりあえず、
近いサイズの空いている額縁に入れなおしました。
イメージ 13
東洋式ドラゴンに洋風額縁とはいかがなものか…
とは思いましたが、
金の和紙を背景に、ちょっとそれっぽくしてみました。
(本当は白のキラキラを背景にしたかったのですが、
その紙を探すのが大変で断念…。)

部屋に飾ろうかと思いましたが、
赤い龍は南の方角限定(?)とかで、
いやいや、うちの部屋の南は上から下まで
左右びっちりカーテンです。飾れません。

イメージ 14
ちなみに、
龍はプライドの高い生き物なので、
同じ空間に他の動物を飾ってはいけません。
(私の部屋にはキョロちゃんとかリサとガスパールとか居ます

どうすればいいんだ?
すんごい困る。


軽い気持ちで龍のモチーフを作ってはいかんなと思いました。
(うちの玄関には蒼龍の切り紙があるので、干支の置物も排除しました。)




関係ないですが、

「確かあるはずなのに、どこにやったか分からない」
でモヤモヤしていた、
浅田真央さんのファイルが何故か切り紙作品と一緒に
ダンボールから出てきました。
イメージ 15
そりゃ見つからんわ。

見つかってくれてうれしいですが、
保管の仕方がまずかったようで
一部がバリバリと割れてしまってました…
(もうファイルとしても使えません…)



もひとつ関係ない話ですが、

同じ段ボールの中から、
生前のおじいちゃんにもらった古い本が出てきました。
『中央亜細亜 発見珍品集』
イメージ 16
発行年を見ると、大正6年。

大正6年って、西暦何年?
と、調べてみると、
ズバリ!ちょうど100年前の1917年でした
(;゚ロ゚)


イメージ 17
100年といえば、
ほとんどの人間は死滅する年数です。
しかし、
本など、物にすることで、
自分の死後さえも、それは残る…可能性がある。

↑私が切り紙をつくる目的も、
ほぼこれだと言えるでしょう。

しかし、
ひとかどの人間にならねば、
作品は私の死後、打ち捨てられるだろう・・・とも。

子供を残すことも出来なかった、
そして、社会への確たる痕跡も残せなかった自分が
作品も残せなかったら、
生まれて、生きてきた痕跡もゼロになるのだろうか?

↑などと、
クヨクヨ考え続けてきた●年間。

しかし、

この頃はなんだか、


もうゼロになってもいいかな~


とか思い始めている
終活状態、なむあみだぶつ。


イメージ 18
このごろ脳内終活に入りながら、
一方、
女力の下がりすぎた自分に喝を入れんとしている、
まっことチグハグな状態になっております。

ちょっとこの辺りの↑混迷っぷりも
また記事にしてみようか(やめたほうがいいか?)な。