オリガミ ヲ キリガミ オカルティー(総合)

コメントお気軽にどうぞ(﹡ˆ﹀ˆ﹡)♡ syandery名でツイッターもあります

連休初日 ← ニートに連休もなにも関係ないですが…



世の中、GWなんだそうです。
昨日は初日だったんですが、ニートなりにちょっと
参加したくなりまして、

自転車を走らせ、町の中心へ。
イメージ 1
え~、でも主要駅の真ん前の橋でこのひと気の無さはなんだ?
(休日、人が多いはずの昼の2時ごろでっせ~)

むしろ平日のほうが人が多いような…



私は図書館へ本を返却しに行きつつ、
GW感を味わうべく
ちょいとイオンへも寄ってみることにしました。

そう。

GW限定・マスキングテープ詰め放題500円(税抜き)
をやるという特別な休日感を求めて。


そして


袋に目いっぱいマスキングテープを詰めた成果がこれ。
イメージ 2
どうです?
これ以上は無いほど袋に詰められたと思うんですが。

なんつーか、イオンオリジナルのテープなんで
ちょっと小さいしデザインもあまり可愛くないんですが、
”袋にどれだけクレバーに詰められるのか?”
という闘争意識のみで
メラメラとやっていたような気がします(笑)

馬鹿な買い物ですね~


GWの特別感を味わってやや満足。


GWのイベントはこれで終わりっ!


……………………………………………


図書館まわりも空いてましたね。
イメージ 3
なんつーか、
本当に島根は人口が少ないんだな…と、妙に実感。


大阪に住んでた頃は、
深夜の2時ぐらいでも、
どんなに小さな住宅街の道でも、
人が一人二人、何故かいましたからね~。
イメージ 4



街路樹の葉。
イメージ 5
どうして深緑の中にパラパラと
紅葉した葉が混じってるんだろう?

おしゃれっちゃ、おしゃれな木ですね。


……………………………………………


タンポポが可愛い。
イメージ 6

平和なたんぽぽ風景を
少々お楽しみください。
イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

日本じゃ
タンポポ”なんて幼児語みたいな名前で呼ばれてるけど、
英語じゃ”タンデライオン”なんて
カッコイイ名前で呼ばれてるんですよね?

関係ないですけど、
日本じゃ”カキ”という庶民的きわまりない響きのものが、
英語では”パーシモン”という
お貴族様的かつクレバーで強そうな名前なんで驚きました。
なんつーか、
パーシモン伯爵とかダークでカッコいいキャラクターが居そう。

本当に関係ない話です(笑)


タンポポを堪能しましょう。
イメージ 10



寄り添うラブラブなタンポポ💛
イメージ 11



じろじろ見つめる外野・みたいなタンポポ
イメージ 12
妙に親近感(笑)



私は島根に来て、子どもの時いらい見ていなかった
白たんぽぽを確認したのですが、

今年、うちの庭にも1こだけ咲いてました。
イメージ 13
まわりに黄色いタンポポが生えていたりすると、
翌年は黄色いタンポポだけになっていて
白たんぽぽが消えている…
という風景をいくつか見ました。

白たんぽぽ、弱いんだなぁ~。
こちらでもだんだん貴重種になってきたように思います。


……………………………………………


どうでもいい話ですが、


庭の三つ葉がめちゃ巨大になりました。
イメージ 14
スーパーの野菜売り場じゃ
こんな巨大なの見たことないなぁ。
(多分デカすぎると美味しくない)


そうそう、


部屋で栽培してるアスパラガスも

本棚の上からついに天井につんのめるほど大きくなりまして
イメージ 15
(現在さらに大きくなって横に倒れてます)


よく見ると
丸っこいプンプンとしたものがついていて、
イメージ 16



白い花が咲きました。
イメージ 17
アスパラガスってこんな花が咲くんだなぁ。


ほんと、ちっちゃい花です。
イメージ 18

なんだろう、
仕事がクビになってニートに舞い戻り、
体調も良くないというのに
この平和な感じは(笑)


ひざの痛みも何故か1月は無くなっていて、
おおー、お風呂で正座をつづけた甲斐あって
ついに治ったか?!
イメージ 19
と思ってたのですが、
じょじょに痛みが復活し、
今やなぜかくるぶし下も痛い。
何だこのおばさん感は?


なのに雑草とかなんかが、
イメージ 20

美しくて平和なんですよ。
イメージ 21

日本は美しく、
イメージ 22

平和な国です。ほんにほんに。
イメージ 23

この平和感こそが、もしかしてGWなのだろうか?
イメージ 24

ならば私は毎日GWだなあ
イメージ 25


今年は庭に二ホンミツバチ?らしき
小さなハチも飛んできました。
イメージ 26
近所の神社から消えてしまったので、
近辺では絶滅してしまったのではないかと心配してましたが、
どこかでまだたくましく生きのびていたんですね~。




さて、いきなり問題です。


ここまでの写真の中にスズメが1羽写っていますが、
どこに写っていたか分かりましたか?
(まあ、その為に写真をたくさんアップしましたんで(笑))


……………………………………………


きゅうにフィギュアスケートネタですが、


去年、全日本選手権
23歳にしてトリプルアクセルを成功させた細田采花さんが、
今季、
24歳にして強化選手入りを果たされました
イメージ 27

私は度々、同じ持論を展開しています。

それは、世の中、
はやくから頭角をあらわす人もいれば、遅咲きの人もいるわけで、
スポーツの世界にももちろんどちらも居られる。

そりゃあ、体力面や体形の変化を考えると
どうしても早いうちに伸びなければ結果が出しにくい
スポーツがあることは否めません。
イメージ 28
特にフィギュアは女性が、
少女から女性になる過程で結果を出しにくくなる側面が。

でもそれは、
遅咲きの人の成長を待ってくれないということですよね…


(細田さんも一時期は引退も考えておられたそうです)
イメージ 29


でもね~。
でもね~、フィギュアスケートはただスポーツなのではなく、
芸術という、人としての成熟が表現力として現れる、
そういう良いところもあるスポーツだなと思うんです。

本当の表現には、
「表現のように演じる」上手さじゃなくて、
「その人からにじみ出るものが表現として見る人に感じられる」
そういう成熟があってほしいところ…
少女の終わりに引退!じゃ難しいですね。

今の、
技術に点数をつけて加算することがメインの方式では
「少女のうちが勝負!」みたいになって、
表現の成熟にまで至れないのも致し方ないのかな~。


しかし、細田さんはあきらめず、
少女を過ぎても向上できることをその身で証明してくれた。
イメージ 30
アジア人は特に成長が緩やかなので、
海外の選手の基準に合わせて、早く諦める必要は無いと
私は個人的に思っています。
(特に日本人は長生き・30歳成人説アリ!)

どうか、
ゆっくり伸びるタイプの人たちにも、
そのチャンスが与えられますように。


前も語ったことがありますが、
フィギュアは技術の表彰台と、演技の表彰台
二つがあればいいのにーと、つとに思います。

イメージ 31

少々、運動能力がおちて大技とかできなくなっても、
演技力の方面を極めることも選択できる、
みたいに。


ちょっと演技の話と遅咲きの話がごっちゃになりましたが、
世界の人にも見える位置で
細田さんの活躍の場があるよう、祈ります。


(高橋大輔さんも33歳にして強化選手に復帰!)
イメージ 32
(昨シーズン、熟達した素晴らしい演技だったからなぁ~)


なんかじょじょに、
現役可能年齢の上がる良い傾向がみられてますね。



……………………………………………


はい。平成最後だっていうのに
フィギュアに希望の見えること以外、
またしてもしょーもない記事でした。

では、
令和で会いましょう!